※モトリーフール米国本社、2020年11月7日投稿記事より

 米国の国勢調査局と住宅都市開発省が10月末に発表した最新数値によると、9月の新築住宅販売件数は8月実績をやや下回ったものの、前年同月比で32%増、契約締結額も同20.5%増と好調です。

 2008年〜2009年の金融危機最悪期を上回る失業率が続き、パンデミックが日常生活を混乱させているにもかかわらず、主として記録的な低金利のおかげで住宅業界は加熱状態にあります。

 住宅販売が好調なため、住宅建設業者のDRホートン(NYSE:DHI)レナー(NYSE:LEN)およびプルトグループ(NYSE:PHM)の株価は史上最高値の近辺まで上昇していますが、それでも驚くほど割安なことには気づいてないでしょう。

 ただし、住宅建設業者の株価収益率(PER)は業績が好調なときに極めて低く、不調になると高くなることがあるため、注意が必要です。

 住宅建設業者を評価するのにより適した尺度は、企業の時価総額に借入額を加えた金額を利払い・税引き・償却前利益(EBITDA)で割った比率であるEV(企業価値)/EBITDA倍率です。

 この比率を使用すれば、非現金費用による不透明さを除いて、企業価値と現金収益との比率を比較することが可能になります。

 以下、住宅建設業3社を比較してみたいと思います。