人気のテーマから探す
トウシル編集部オススメのテーマから探す
NISAとつみたてNISAはじめてガイド

NISAとつみたてNISAはじめてガイド

投資もTAX FREEで始めよう!

 どうせ資産運用を始めるなら、ちょっとでもおトクに始めたいですよね。そのコツは2つあります。一つは手数料を抑えること。そしてもう一つのコツは「税金を減らす」こと。海外でお買い物をするときに「免税店」で買えば税金分おトクになりますよね。このように税金分がおトクになる、つまりTAX FREE(タックスフリー)で投資ができる方法があります。その仕組みがNISA(ニーサ)と、つみたてNISAです

 この2つは簡単に言うと、株式や投資信託といった投資で得た利益が、まるごと税免除される制度。詳しくはこれから説明しますが、通常、納付しなければならない利益に対する約2割ものお金が、手元に残るのです。

 ちなみに「NISA(ニーサ)」は略称というか愛称で、正式には少額投資非課税制度と言います。「利益は徴収しませんよ」と国が宣言し、投資の入り口にいる人、投資をしたことがない人をタックス・フリーで応援しているもの。活用しないともったいない制度と言えますね。

 

NISA?つみたてNISA?って何?

「税金サービスするから投資してみない?」と、国がアピールするこのNISA。このNISAには2つの制度があります。2014年1月にスタートしたNISAと、2018年1月からスタートしたつみたてNSAです。

NISAは、年間投資額120万円までの値上がり益や配当・分配金などが、5年間、非課税になるというお得な制度です。

つみたてNISAは、年間投資額40万円までの値上がり益や配当・分配金などが、20年間、非課税になるという制度です。

 ただ、NISAはまるごと税免除されるメリットは大きいものの、他の証券口座の利益と損益通算できないため、売却損が出た場合は不利になってしまいます。そのため、損が出ないタイミングで売却することがNISA活用のキホンです。

■NISA、つみたてNISAで共通するメリット、デメリット

 

結局NISA、つみたてNISA、どっちがいいのだろう?

 NISAと、つみたてNISAの制度は同時に活用できません。どちらを選んで投資すればいいのでしょうか。その判断の助けになる記事を下記にそろえました。せひ読んでみてください。

■同じ非課税制度のNISAとつみたてNISA。どう違う?

■同時に活用できないNISA、つみたてNISA。投資できる商品が違う!

 

 

未経験からはじめる投資ってどんな方法がある?

 投資をしたことがない人には、非課税になると言われても「はい、そうですか」とは中々いかないもの。ちょっとでも興味があると思った人は、こんな方法でスタートしてみませんか。

 例えば、つみたてNISAを活用できる投資商品は、国が認めた投資信託だけがラインアップされています。元本割れのリスクがあるものの、コストが低い(販売手数料が無料、運用管理費用が低い)など、国のお墨付きなので、はじめて投資する人にとって、安心感があります。

 つみたてNISAで始める投資信託は、定期預金や財形貯蓄のように、毎月1万円ずつでも積み立てできますよ。

■投資信託って何?

2019年10月から消費税10%にアップ!自己防衛策でつみたてNISA活用

 2019年10月から、いよいよ消費税が10%になります。生活防衛という面から、投資を始めてみるのもいいでしょう。

 例えば、軽減税率が導入される予定ですが、その軽減税率分を投資に回してみるのも一つの手です。100円から投資信託は始められるので、浮いた税分を税負担のない投資で活用することができますね。

NISA、つみたてNISAを使うにはどうすればいい?

 NISA、つみたてNISAのメリットは分かったけれど「実際にどうすればいい?」。

 証券会社の口座を持っていない人は、選んだ証券会社で総合口座と同時にNISA口座の開設申し込みをします。NISA口座の開設が完了したら、NISA、つみたてNISAを活用できる投資をスタートすることができますよ。ネット証券なら、本人確認書類もスマホなどで送付して手続きを完了できることが多いので、おすすめです。 

 

▼NISAで投資を始めるなら(楽天証券サイトへ移動します)

年金問題
 

ポイント投資
 

消費増税10%
新着記事
投資の失敗
 
NISAつみたてNISA
 
人気ブロガー
 
図書館
 
メールマガジン

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP