★★投資のスキルアップ応援キャンペーン対象記事です。詳細はこちら★★

たりたり社長さんのプロフィール

 就職をきっかけに投資について本格的に興味を持ち、ほとんど投資に関する知識ゼロ、経験ゼロの状態から投資の勉強を始めた、たりたり社長さん。

 投資についての正しい知識を得るまでの自身の経験や、株式アナリストとしての経験をもとに、株式投資にまつわる知識をTwitterやブログ「たりたり投資塾」などで発信しています。

今だからこそ始める!本気で稼ぐ株式投資の教科書
2020年08月19日頃発売/株式会社KADOKAWA
1,540円(税込)

投資スタイル

 米国市場に上場している株価指数S&P500に連動するETF(上場投資信託)や、そのセクター別ETFのみに投資しています。

金融商品の種類 投資先・銘柄名など 割合
米国ETF バンガード S&P500ETF(VOO) 30%
米国ETF バンガード 情報技術ETF(VGT) 20%
米国ETF ヴァンエックベクトル 半導体ETF(SMH) 20%
米国ETF バンガード ヘルスケアETF(VHT) 10%

銘柄選びの基準

  • 10年単位のスパンで安定的にリターンを出してくれそうなS&P500のETFにNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)枠で投資。それ以外にも下落タイミングでセクターETFなどをスポット購入。
  • VGT、SMH、VHTといったセクターETFを地合い、トレンドに応じて売買する。

銘柄を売るときの基準

  • 売却を行うのはセクターETFのみ。他により魅力的なセクターがあると判断した際に乗り換えるため。
  • S&P500に連動するETFには一切手を付けない。相場を完全に読むのは不可能という前提のもと、機会損失を防ぐため、どんな高値でも一定額は買い続け、解約は一切行わない割合をある程度設定する。