facebook twitter
「出口から取り残された日本の円売り相場・ATRでみる相場の変動範囲」
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

「出口から取り残された日本の円売り相場・ATRでみる相場の変動範囲」

2017/7/6
為替市場では久しぶりに日足でドル安トレンドや円安トレンドが発生し、ユーロ/円・ポンド/円・カナダドル/円といったクロス円の通貨ペアに円安トレンドが発生している。
facebook twitter メールで送る 印刷

円キャリートレードの再開?ユーロ/円・ポンド/円・カナダドル/円に注目!

為替市場では久しぶりに日足でドル安トレンドや円安トレンドが発生し、ユーロ/円・ポンド/円・カナダドル/円といったクロス円の通貨ペアに円安トレンドが発生している。イエレンの出口戦略に触発されたのか、米国だけでなく欧州・英国・カナダの中銀が一斉に利上げ方向に舵を切ったからだ。カーニー、ドラギ、スティーブンといった中銀総裁の豹変ぶりには驚くが、3月のFOMC前にもFOMCメンバーが一斉に利上げに前のめりになったことは記憶に新しい。いずれにせよ、「日本だけが量的緩和の出口から取り残されて、円が1弱通貨になる」という思惑から、市場では円キャリートレードの再開を囃している。

「標準偏差ボラティリティトレード」のテクニカルチャートをみてみよう。トレードにエントリーするうえで重要なのは、ADX(8)、ADX(14)、標準偏差ボラティリティ(26)の3本のラインが一緒に上がっている局面(丸で囲った黄色い部分)を狙うことだ。3本のラインが一緒に上がっている局面はトレンドが大きくなる可能性を秘めている。

●ドル/円(日足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R
中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)
下段:新値3本足

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ユーロ/円(日足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)

下段:新値3本足

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ポンド/円(日足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)

下段:新値3本足       

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●カナダドル/円(日足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)

下段:新値3本足             

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●豪ドル/円(日足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)

下段:新値3本足             

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

下のチャートは昨晩のNY時間のドル/円の30分足・15分足・5分足である。筆者はこういった短期のタイムフレームでもトレンドが発生すれば相場に参入している。

●ドル/円(30分足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)

下段:新値3本足

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ドル/円(15分足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)

下段:新値3本足

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ドル/円(5分足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)

下段:新値3本足

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

金融緩和のアンワインドの動きと8月相場

この円安相場が続くかどうかは米国株の行方次第であろう。円キャリートレードの大規模な再開というよりも、この円安は足の速い海外投機筋主導で、とりあえず1か月程度の動きかではないかという見方も多い。イエレンFRB 議長が「利上げ軌道は不変、資産価格は高く見える」と述べていることに注意を怠ってはいけない。米国株が下がればまたいつもの円高がくる。ビッグ5指数を代表するアップルの株価は軟調で、週足の買いトレンド相場は既にピークアウトしている。コモディティ市場の動きがさえないのも気になる所だ。主要中銀が金融緩和の出口を模索に意欲的になるなか(7月はまだ楽観相場が続きそうだが)、やはり怖いのは8月相場である。

●アップル(日足) 

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)

下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)

(出所:石原順)

●アップル(週足) 

上段:14週修正平均ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)

下段:21週ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)

(出所:石原順)

●S&P495とビッグ5(2013年~2017年)
(ビック5:アップル・マイクロソフト・アマゾン・グーグル・フェイスブック)
「S&P500は2013年中旬以降、年率わずか6.1%に過ぎない。一方、ビッグ5指数は同期間に57.3%とべらぼうに高い評価をされている」

(出所:マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート The Gloom, Boom & Doom Report・国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載)

●NYダウ・日経平均 月別騰落率(過去20年) ファンドは7月相場を楽観、だが…

歴史的に5月・9月・10月はボラティリティが上がるが、近年の相場は8月が危ない

(出所:石原順)

 

米国経済の先行き見通しの暗さから、株式市場と違ってロジカルに動く債券市場では米国債の長短スプレッドは縮小している。これは株安要因だが今の市場では無視されて、すごく居心地の良い相場に見えている。しかし、この夏以降の相場は持続不可能な動きの賞味期限を考えるべき局面であろう。

ATRチャネルでみる相場の変動範囲と転換ポイント

ATR(アベレージトゥルーレンジ)はTR(窓開けを含めた1日の最大値幅)の平均である。ATRチャネルは動的に変化する予想レンジであり、利食いや相場反転のポイントとして、筆者にとっては有効なツールとなっている。

 

下のチャートは、過去X日間のATRを過去X日間の加重移動平均線にプロットしたものである。3本のATRのバンド幅はATRの1.6倍、3.2倍、4.8倍である。このATRチャネルは、すべての市場と時間枠(タイムフレーム)に拡張が可能である。

 

 

●ドル/円(5分足) ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ドル/円(15分足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ドル/円(30分足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ドル/円(1時間足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ドル/円(4時間足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●ドル/円(日足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●日経平均CFD(5分足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●日経平均CFD(15分足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●日経平均CFD(30分足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●日経平均CFD(1時間足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●日経平均CFD(4時間足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

●日経平均CFD(日足)  ATRチャネル

(出所:MT4 テンプレート 『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』)

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「出口から取り残された日本の円売り相場・ATRでみる相場の変動範囲」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「出口から取り残された日本の円売り相場・ATRでみる相場の変動範囲」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。