出典:Motley Fool

 世界一の投資家、ウォーレン・バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイのポートフォリオは常に注目されています。

 その中で、保有額トップ10に入りながら、あまり話題に上らない、バフェットのポートフォリオには珍しい成長株が一つ入っています。しかも、米国株ではありません。

バフェットが保有する中国株「BYD」

 それは、中国(上場は香港)のBYD(OTC:BYDDY)です。

 因みに、外国株で二番目の保有は、17位に入っている日本の伊藤忠商事です。

 このBYDを購入したのは2008年で、13年間保有を続けています。

 保有株数を増やしてもいないのですが、減らしてもいません。

 BYDは、充電池のメーカーとして出発し、今ではその技術を活かしてEVに軸足をシフトしています。

 安定成長銘柄を割安で手に入れるというスタイルをとっているバフェットのポートフォリオに、創業13年の、しかも上場後6年程度しか経っていない中国の会社がなぜ入っているのでしょうか。

 非常に特殊なケースなので、購入後しばらくは、株主総会のQ&Aセッションで何度も質問を受けています。

 その質問が出ると、ほぼ毎回、「BYDについては、チャーリーが専門家なので彼に答えてもらいます」と、長年の相棒であり、バークシャーの副会長であるチャーリー・マンガーに振ります。

 BYD購入の理由は、チャーリー・マンガーの勧めがあったからなのです。

 おそらく、チャーリーのアイデアで、バフェット自身はあまり気乗りしていなかったのではないかと勝手に想像しています。

 チャーリーの勧めなので、保有しているが確信度があまり高くないので、買い増しはしていないようです。

 保有しているうちに、持っていても良いかなと思うようになったので売ることもしていません(もしかしたら、チャーリーに遠慮しているのかもしれませんが)。