facebook twitter
「24時間コンピューターが仕事をしてくれるアルゴリズムトレード」
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

「24時間コンピューターが仕事をしてくれるアルゴリズムトレード」

2017/10/5
・順張り売買システム
・逆張り売買システム
・標準偏差ボラティリティトレード
・ラリー・ウィリアムズの日本株・米国株見通し
facebook twitter メールで送る 印刷

順張り売買システム

 下のチャートは、ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、日経平均、NYダウの日足と、ラリー・ウィリアムズの順張り売買シグナルである。

 相場の醍醐味はトレンドを取ることだ。筆者はかれこれ30年、このラリーの売買シグナルを相場の大きなトレンドを取るためのツールとして使っている。短期トレーダーとして著名なラリー・ウィリアムズだが、彼の中長期のトレンドフォローシステムも実践的な売買システムに仕上がっている。

 ラリー・ウィリアムズの啓蒙により相場へのテクニカルアプローチは大きく進化し、多くのフォロワーを生んだが、現在の市場はかなり複雑な構造になっている。言うまでもなく、昔のように簡単には儲からなくなった。

●ドル/円(日足)

ラリー・ウィリアムズの順張り売買システム(下段の赤の部分が売り持ち、青の部分が買い持ちのドテン売買システム) 出所:石原順

●ユーロ/円(日足)

ラリー・ウィリアムズの順張り売買システム(下段の赤の部分が売り持ち、青の部分が買い持ちのドテン売買システム) 出所:石原順

●ポンド/円(日足)

ラリー・ウィリアムズの順張り売買システム(下段の赤の部分が売り持ち、青の部分が買い持ちのドテン売買システム) 出所:石原順


●日経平均(日足)

ラリー・ウィリアムズの順張り売買システム(下段の赤の部分が売り持ち、青の部分が買い持ちのドテン売買システム) 出所:石原順


●NYダウ(日足)

ラリー・ウィリアムズの順張り売買システム(下段の赤の部分が売り持ち、青の部分が買い持ちのドテン売買システム) 出所:石原順


逆張り売買システム

 昨今の中央銀行が市場に大きく介入している相場ではトレンドが発生しにくくなった。そのため、この7年間くらいは逆張り売買システムも多用している。

 逆張りは相場の流れに逆らってカウンターでポジションをとるので機械的な損切が必須の売買手法だが、相場が一定のレンジに収まりやすい今年のユーロ/円や日経平均の相場ではうまく逆張りがワークしている。


●ユーロ/円(日足)

逆張り売買システム(三角のマークが買いシグナル、菱形のマークが売りシグナルの発生ポイント) 出所:石原順


●日経平均(日足)

逆張り売買システム(三角のマークが買いシグナル、菱形のマークが売りシグナルの発生ポイント) 出所:石原順


標準偏差ボラティリティトレード

 筆者のメインの売買手法である標準偏差ボラティリティトレードのトレンドの状況は、現在、NYダウや日経平均で買いトレンド相場が継続されているが、通貨のマーケットはおしなべて調整色の強い展開となっている。

●ユーロ/円(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑) 出所:石原順

●ユーロ/ドル(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑) 出所:石原順

●ポンド/円(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑) 出所:石原順

●ポンド/ドル(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑) 出所:石原順

●NYダウ(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑) 出所:石原順


●日経平均(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑) 出所:石原順


 特筆すべきはゴールドマンサックスの相場で、ゴールドマンサックスや金融株の久方ぶりの上昇がバブルの号砲(2回目のトランプラリー)となるのか、ファンド運用者の注目を集めている。


●ゴールドマンサックス(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑) 出所:石原順


●ゴールドマンサックス(週足)

上段:14週修正平均ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティー(青) 下段:21週ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑) 出所:石原順

 
 上記でとりあげた売買システムはファンダメンタルズもニュースも関係なく、24時間コンピューターが仕事をしてくれる。

 筆者のライフワークは、現在アナログ売買を多用している標準偏差ボラティリティトレードを、コンピューターによる完全な自動発注モデルにすることである。しかし、相場のノイズを拾わずに、有効な市場を選択するというマルチなアルゴリズムトレードの完成には、多くの資金と時間(OSやソフトの進化)が必要であろう。


ラリー・ウィリアムズの日本株・米国株見通し

 レポートやラジオ等でラリー・ウィリアムズの日本株見通しを紹介してきたが、現在もラリー・ウィリアムズは日経平均の強気を維持している。押し目買いを推奨しているが、すこし長めの買いトレンド相場が展開されると観ているようだ。

●ラリー・ウィリアムズの日経平均予測

出所:ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)2017年10月2日 ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載。著作権のため、チャートおよび文章の一部を隠しています。


 ラリー・ウィリアムズは先週、S&P500先物の相場を短期的に弱気に見ていた。しかし、相場は調整後に再び高値を更新しており、見方を変更したようだ。「これまでになく不思議なマーケットです」と述べているが、NYダウは標準偏差がWループ(高い位置からさらに上がる)という形状となっている。標準偏差のWループ相場は変動リスクが高いが、想定以上の暴走相場に発展する可能性もあり、ここからの動きを注視したい。


●ラリー・ウィリアムズのS&P500先物予測 

出所:ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)2017年10月2日 ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載。著作権のため、チャートおよび文章の一部を隠しています。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
老後破綻
桐谷広人
今月の10万円株
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「24時間コンピューターが仕事をしてくれるアルゴリズムトレード」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「24時間コンピューターが仕事をしてくれるアルゴリズムトレード」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
はじめての下落相場と損
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
老後破綻
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
インタビュー
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。