チャリンとたまる株の「配当」。資産づくりの強い味方だ!

 株でもらえる利益は大きく分けて二つあります。株を安く買って高く売ることで得る「値上がり益」と、企業から株主にプレゼントされる「配当金」です。前者を「キャピタルゲイン」、後者を「インカムゲイン」と呼ぶこともあります。

 どちらも自分の資産が増えるとうれしいもの。ダブルでゲットできればそれに越したことはないのですが、どちらを重視するかは、買う人の「どのくらい損してもいいか」「どのくらいの利益を狙いたいか」「どのくらいの期間で投資できるか」といったスタンスによって変わります。

 今回、紹介するのは「配当」です。

 企業は、商売で得た利益の一部を、応援してくれた株主に「配当金」という形でプレゼント(還元)します。配当がない企業もあります。

 当然、もうかっていない企業は、配当を出す余裕がありません。裏を返せば、配当が出せるということは、もうかっている、もしくはもうけをためている企業です。

 株式投資は、成長しそうな企業、稼ぎそうな企業に投資をして、そのリターンをもらうものなので、「配当」のある会社を選ぶことは、とてもまっとうです。

 長期的に資産をつくっていくためには、この配当金を“安定的に”もらうことが重要なポイントです。半年や1年ごとに、チャリンチャリンともらえる配当金が何年も続けば、資産は着実に増えます。

 では、配当金ってどのくらいもらえるのでしょう。

 配当金は「1株当たりXX円」という形で決まっています。購入時の株価に対して、年間でどれだけの配当をもらえるか示した数値を「配当利回り」といいます。配当利回りは次の計算式で求められます。

■配当利回りの計算方法

1株当たり年間配当金÷株価×100=配当利回り

 株価が1,000円、1株あたり年間配当金が50円なら、配当利回りは50円÷1,000円×100=年5%。この株を100株買うには10万円(1,000円×100株)が必要ですが、1年間で5,000円の配当金がもらえるということがわかります。