facebook twitter
「バフェット指数は150%、ウォーレン・バフェットは株を買っていない」
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

「バフェット指数は150%、ウォーレン・バフェットは株を買っていない」

2017/9/7
・バフェット指数は150%に近づき過去最高の水準にまで上昇している
・バークシャー・ハサウェイ(月足) バフェットの会社は不景気でも安心?
・北朝鮮問題で動いているのはゴールドだけ
facebook twitter メールで送る 印刷

バフェット指数は150%に近づき過去最高の水準にまで上昇している

 ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイはリーマン・ショック前に現金比率を高めていた。現金ポジションの前回のピークは、金融危機直前の2007年末の433億ドルである。2008年にはリーマン危機の最中、ゴールドマンサックスの株を安く手に入れて大儲けしたが、2008年末の現金ポジションは255億ドルに減っていた。ウォーレン・バフェットは暴落する前に株を売り、暴落すると株を買うのである。

 バークシャー・ハサウェイの抱える現金ポジションは、2017年第2四半期末(6月末)時点1,000億ドル(約11兆円)と過去最多に達している

 2017年6月末の米国株式市場の時価総額の名目GDPに対する比率は150%近辺だ。1989年の日本の100年に1回のバブルのピークでも、この比率は140%程度だった。時価総額の名目GDPに対する比率はバフェット指数と呼ばれるが、バフェット指数が150%に達している現在、バフェットは少なくとも株は買う時期ではないという判断のようだ。

「米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイを率いる著名投資家のウォーレン・バフェット氏(87)は、数年前から続く株の強気相場で割安な銘柄を見つけ出すのは困難になったが、依然として債券よりも株式を選好していると述べた。バフェット氏はブルームバーグテレビジョンのデービッド・ウェスティンとのインタビューでバークシャーが手元資金を積み上げている理由について問われ、株価はこれまでの大半の時期ほど割安ではないためだと説明した上で、2008年金融危機後の株式購入は極めて容易な作業だったと語った。バフェット氏は株式投資について、次第に魅力が薄れてきたものの、それでも債券と比べれば非常に投資妙味があると指摘した」(8月31日 ブルームバーグ 『バフェット氏:株式の「投資妙味は薄れた」がなお債券より選好』)と報道されているが、あのグリーンスパン元FRB議長が、「どのような基準から見ても、実質長期金利はあまりにも低過ぎるため、持続不可能だ」という債券バブルに比べたら、株式のほうがマシという程度の認識だろう。

バークシャー・ハサウェイ(月足) バフェットの会社は不景気でも安心?

ウォーレン・バフェットのビジネス・モデルはゼロ・コストで資金調達である。保険業で資金を調達し、保険金の払い戻しまでゼロ・コストで運用する。
出所:石原順

北朝鮮問題で動いているのはゴールドだけ

 北朝鮮問題が世間を騒がしているが、ドル/円も日経平均も何時みても同じような値段だ。上値も重いが下はPKOが入っており、ドル/円は108円を割り込まない限りしばらくレンジだろう。

 ATRチャネルは、筆者が相場の天井と底の発見、すなわち、相場の転換点をとらえるのに用いている道具(ツール)で、相場がATRバンドの3.2倍の外にある時、ADX(8)とSTD(26)の両方がピークアウトすると、相場が反転する可能性が高い。ドル/円も日経平均もATRバンドの3.2倍の外(オレンジの帯)まで下げきっておらず、乱高下を繰り返しているだけで、現在は逆張りのゾーンに到達していない。北朝鮮問題で動いているのはゴールドで、ゴールドはATRチャネルの上限付近まで上昇している。

ドル/円(日足)

上段:ATRチャネル
下段:ADXsmoothed8(赤)・標準偏差ボラティリティ26(青)
相場がATRバンドの3.2倍の外(オレンジの帯)にある時、ADX(8)とSTD(26)の両方がピークアウトすると、相場が反転する可能性が高い
出所:『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』

日経平均CFD(日足) 

上段:ATRチャネル
下段:ADXsmoothed8(赤)・標準偏差ボラティリティ26(青)
相場がATRバンドの3.2倍の外(オレンジの帯)にある時、ADX(8)とSTD(26)の両方がピークアウトすると、相場が反転する可能性が高い
出所:『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』

 

ゴールド(日足) ETFの買いが流入

上段:ATRチャネル
下段:ADXsmoothed8(赤)・標準偏差ボラティリティ26(青)
相場がATRバンドの3.2倍の外(オレンジの帯)にある時、ADX(8)とSTD(26)の両方がピークアウトすると、相場が反転する可能性が高い
出所:『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』

NY原油CFD(日足)

上段:ATRチャネル
下段:ADXsmoothed8(赤)・標準偏差ボラティリティ26(青)
相場がATRバンドの3.2倍の外(オレンジの帯)にある時、ADX(8)とSTD(26)の両方がピークアウトすると、相場が反転する可能性が高い
出所:『DVD相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」 石原順』


米国の失業率が下がっているときに米国株式市場がベアマーケット入りすることはないが・・・

 ドル/円も日経平均も米長期金利との連動性が高く、米長期金利が上がらないと上昇しないと言われている。その米長期金利だが、現在、週足でも売りシグナルが点灯しており、日本市場は冴えない状況が続いている。

米長期金利(週足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

 このまま米国の長期金利が上がらないと、イールドカーブ(利回り曲線)は金融危機前のイールドカーブの形状に接近していくかもしれない。

米国のイールドカーブ イールドカーブはフラット化に向かっている

2007年9月12日時点のイールドカーブ(赤)
現在(2017年9月6日)のイールドカーブ(茶)
出所:STOCKCHARTS Dynamic Yield Curve

 米国の失業率が下がっているときに、米国株式市場がベアマーケット入りすることはない。しかし、筆者の懇意にしているファンドのエコノミストの話では、「米国の失業率は4.3%でボトムを打ち、今後上昇していく可能性が高い」のだという。おそらく2018年に入ればその傾向がはっきりしてくるだろう。

米国の失業率(1996年~2017年)

出所:石原順

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「バフェット指数は150%、ウォーレン・バフェットは株を買っていない」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「バフェット指数は150%、ウォーレン・バフェットは株を買っていない」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。