facebook twitter
本当にあった!ハゲタカ事件簿 CASE05:名門電機メーカーの凋落、悲しい日本の現実
トウシル編集チーム
特集記事

本当にあった!ハゲタカ事件簿 CASE05:名門電機メーカーの凋落、悲しい日本の現実

2018/8/22
テレビ朝日系・木曜ドラマ「ハゲタカ」(7/19~9/7放映/主演・綾野剛、出演・沢尻エリカ、渡部篤郎、池内博之、木南晴夏、他)を、楽天証券経済研究所・窪田真之が解説!ファンドマネージャとして金融第一線にいたからこそ語れるリアルな金融事件簿。ドラマ「ハゲタカ」がもっと面白くなります!
facebook twitter メールで送る 印刷

CASE05:名門電機メーカーの凋落、悲しい日本の現実

技術オタクでは生き残れない!
『あけぼの』の転落と重なるシャープの失策

 第5話では、経営危機に瀕している名門電機メーカー『あけぼの』のレーダー技術を狙って激しい買収合戦が繰り広げられます。ドラマ中の『あけぼの』は、日本のエレクトロニクス産業を象徴する企業。高い技術を持ちながら経営が悪化した、東芝・シャープなどが思い起こされます。

 外部への部門売却とリストラが確定したことを知ったレーダー開発部の技術者たちの落胆の表情が、見ていてとても辛いところです。ドラマ中の彼らを見ていると、私が、ファンドマネージャー時代に実際に見聞きした、シャープの液晶技術者たちにぴったりイメージが重なります。

「シャープには、24時間、液晶のことばかり考えている液晶オタクがたくさんいます」。それは、2006年、シャープの経営説明会で聞いたことです。寝ても覚めても、高品質・高性能の液晶を作ることだけ考え続けている優秀な技術者が大勢いるということです。
 同じく、パイオニアの説明会でも「プラズマ・ディスプレイの開発に生涯をかけた技術者がたくさんいる」という話を聞きました。当時は、大型テレビのスクリーンが、液晶になるかプラズマになるかという過渡期。シャープとパイオニアの間で、熾烈な技術開発競争が続けられていました。ファンドマネージャーとして、私もこの戦いの行方に重大な関心を持っていました。

 結局、この戦いに勝利したのは液晶陣営(シャープ)。敗れたパイオニアは、プラズマ事業から撤退することになります。

 ところが、本当の驚きはその後に待っていました。パイオニアとの戦いに勝ったシャープがほとんど利益を稼ぐことができず、アジア企業に液晶ビジネスを奪われていったことです。シャープの何が問題だったのでしょうか?

 シャープは、「お人好し」日本企業の典型です。1990年代から、技術開発にはまい進しても、技術漏えいを防ぐための手立てを講じる意識は欠如していました。当時の経営者や技術者は、「液晶技術の革新に邁進すること」「少しでも早く液晶を世界へ広めること」に使命感を持っていました。技術を完全に囲い込むと、世界への普及が遅れるので良くないと思っていた節すらありました。

 アジア企業は、シャープの技術を使って開発した液晶製造装置を購入するだけで、これまでの開発の成果を手に入れることができる状態が続きました。

 シャープが技術防衛の必要を痛感し、対策を強化したのは、2000年代半ばからでした。時すでに遅く、シャープの転落を止めることはできなくなっていました。

 シャープは最後、外資に身売りしました。ドラマの中の『あけぼの』はどうなるでしょう? 今後の展開が気がかりです。

 

解説:窪田 真之(くぼた まさゆき)
楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト

 

「ハゲタカ」5話おさらい

 総合電機メーカー『あけぼの』の買収を狙う『ファインTD』社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)の策略と、腹心の部下だったアラン(池内博之)の裏切りにより、ホライズンを解雇された鷲津(綾野剛)。しかし、佐伯(杉本哲太)や中延(光石研)ら鷲津を慕って付いてきた仲間たちと新たに『サムライファンド』を立ち上げ、『あけぼの』を守るためにふたたび滝本と対峙する準備を始める。

 一方、『あけぼの』の再生担当執行役員・芝野(渡部篤郎)は、『ファインTD』の買収から会社を守るため、レーダー開発部の売却を検討。その動きを知った鷲津と滝本は、それぞれ方針を水面下での「あけぼの」株の争奪戦に切り替える。

 そんな中、『あけぼの』製のコンピュータに不具合が生じ、株が大暴落。『ファインTD』の後ろ盾となっている米国大手の軍産ファンド『プラザ・グループ』による先制攻撃と見た鷲津たちは、資金を調達し徹底的に『あけぼの』株を買い集める。こうして『サムライファンド』と『ファインTD』の壮絶な株争奪戦の幕が切って落とされた!

~トウシル編集部員の視聴後レビュー~ ハゲタカ「ココに注目」!

 1話の段階から「この人、なんかありそう」と思って注目していたアラン(池内博之)がついに始動! さりげない感じなのにどこかギトっとしていて目が離せなかったのですが、ここへきて「ボスを裏切る」という大勝負に出ました。鷲津に心酔しているからこそ、自分との方向性の違いに苛立ちが隠せず、ついに爆発した模様。ほんとにボスのこと好きなんですね。どうでもいい上司ならこんなに腹立たないでしょ。地位を乗っ取ったアランのほうが、なぜか傷ついた顔してるのが気になります。アランの「片思い」はどうなるのか? 次話に期待!

▼バックナンバー

8/10Released! CASE01:日本初のバルクセール、その背景は!

8/17Released!  CASE02:再生できる企業を見抜くには!

8/20Released!  CASE03:暴かれた「隠し口座」は本当にあった?

8/21Released!  CASE04:敵対的買収に対抗する『ホワイトナイト』とは!

8/22Released!  CASE05:名門電機メーカーの凋落、悲しい日本の現実!

8/24Released!  CASE06:敵対的TOBは減少「表面は友好的に」が定番へ

8/31Released!  CASE07:後をたたない不祥事会見、企業倫理は「再生」できるか?

9/7Released!  CASE08:圧巻の最終回!次世代は鷲津が残した教訓を生かせるか?

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください本当にあった!ハゲタカ事件簿 CASE05:名門電機メーカーの凋落、悲しい日本の現実

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

本当にあった!ハゲタカ事件簿 CASE05:名門電機メーカーの凋落、悲しい日本の現実

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。