facebook twitter
7月はイベント続きのトランプ劇場相場。米系ファンドの資金は「里帰り」?
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

7月はイベント続きのトランプ劇場相場。米系ファンドの資金は「里帰り」?

2018/7/5
・7月はイベント続きのトランプ劇場相場
・ファンドマネーの縮小と賞味期限付きのドル高相場
・上海株安・人民元安
・コモディティ安・オセアニア通貨売り
・ユーロ/ドルは教科書通りの相場展開
・大きなトレンドが発生しにくい通貨の逆張り・転換点売買
facebook twitter メールで送る 印刷

7月はイベント続きのトランプ劇場相場

 シェールオイルで石油問題のなくなった米国は、サウジアラビアやイスラエルに対しても知らん顔をしており、まさに米国は世界から撤収していく鎖国的態度をとっている。こうしたなか、7月16日にトランプ米大統領とプーチン露大統領の米露首脳会談が行われる。これは旧体制が崩壊する号砲になるかもしれない。

 7月11~12日のNATO(北大西洋条約機構)サミットではトランプ大統領が先のG7同様に同盟国に喧嘩を売ることになるだろう。そして、先の北朝鮮に続いてロシアとも友好関係を築いていく。反軍産複合体・反エスタブのトランプ大統領はこれまでの米国の覇権を放棄し、軍産複合体が作ってきた旧体制を破壊していく。もう、G7もNATOも機能しなくなり、皆があぜんとしているのが現在の状況である。

 

ファンドマネーの縮小と賞味期限付きのドル高相場

 軍産複合体が作った冷戦構造や国際金融市場が崩壊していく中、ロンドンやシカゴのブローカーの話では「米系ファンドは世界に分散していた投資資金をとりあえず米国に引き揚げている」のだという。現在のドル高はショートカバーと米国への資金の里帰りだ。トランプ大統領の米国が国内問題最優先という孤立主義に向かうなか、ファンドの資金もまた米国に引き揚げていく。

ドル指数と当業者・投機家建玉(2008~18年) 現在はドルのリバウンド局面?

 2011 年以降、当業者が米ドルで最大の買い方であったのに対し、小口投資家が最大の売り方となっていたこと、そして2011年に底入れしてからのドル高に注目してほしい。

出所:The Gloom, Boom & Doom 「マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート」2018年5月号(国内レポート代理店パンロ―リンクの許可を取って掲載)

 

上海株安・人民元安

 筆者はレポートやラジオで6月・7月相場のボラティリティジャンプに警鐘を鳴らしておいたが、現在株式市場は軟調に推移している。

日経平均CFD(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

 

 とりわけ上海株の下落に注目が集まっており、7月6日の米中の追加関税の発表に向けて上海株は売りトレンド相場を展開中だ。上海株と人民元が下げ止まるまでは、リスクオフ気味の相場が続くだろう。

上海総合指数(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)
出所:石原順

ドル/人民元(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

 

コモディティ安・オセアニア通貨売り

 貿易戦争が泥沼化すれば中国経済は大きな影響を受けることになる。そうした懸念から国際商品先物指数も下落基調となっており、通貨の市場ではオセアニア通貨が中国懸念で売られている。

CRB指数(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル 

 中国懸念で商品市場も下落

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

豪ドル/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

NZドル/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

 

ユーロ/ドルは教科書通りの相場展開

 移民問題というのは国内の内戦だ。この問題は根が深いが、移民問題で屋台骨が揺らいでいた独メルケル政権もメルケル首相が譲歩する形で政権内の対立は一服している。

 現在のユーロ/ドル相場の日足にはまったくトレンド(方向性)がない。ADX(14)と標準偏差ボラティリティ(26)がピークをつけ下落していく過程の相場はランダム相場で、ジグザグの方向感のない動きになることが多い。

ユーロ/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

 

 日足のADXや標準偏差ボラティリティが下落過程で、かつ低い位置にあるときは、1時間足などのトレンドも長くは続かない。これは筆者のボラティリティトレードの企業秘密の一つである。

ユーロ/ドル(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

標準偏差ボラティリティとトレンドの判定:サンプル ドル/円(日足)

上段:13日標準偏差ボラティリティ(青)・26日標準偏差ボラティリティ(黄)
下段:日足
出所:石原順

 

大きなトレンドが発生しにくい通貨の逆張り・転換点売買

 ドル/円や日本株は国家によってマニピュレイト(操作)されている。それが機能しているうちは大きなトレンドが発生しないので、「逆張りの方が値幅を取りやすい」という運用者は多い。

 ATRチャネルトレードは、筆者が相場の天井と底の発見、すなわち、相場の転換点をとらえるのに用いている道具(ツール)である。ストップロス注文(トレール注文=トレーリングストップ注文)を置いて参入し、間違ったら直ちに撤退、トレール注文で利益の極大化を狙う売買手法である。

 逆張り取引で成功するには、

  • トレンドが発生しにくい銘柄(通貨ペア)を取引すること
  • 標準偏差ボラティリティやADXというテクニカル指標を使い、方法性のあるトレンド相場と方向性のないランダム相場を認識する
  • システマティックな損切り注文を置いておく

という3点が重要である。

ドル/円(週足) ATRチャネルトレードモデル

上段:ATRチャネルトレードモデルの売買シグナル
下段:ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/円(日足) ATRチャネルトレードモデル

上段:ATRチャネルトレードモデルの売買シグナル
下段:ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

 

 逆張りは相場の転換点を当てるゲームである。トレンドに逆らってカウンターで売買をおこなうので、損切り注文が必須の売買手法だ。相場で発生する大きな損は、相場で間違った後の処置をしなかったために発生する。相場は一に損切り、二に損切り…、ポジションに忠誠を尽くしてはいけない。

 いずれにせよ、相場で生き残るには損切り注文が必須である。相場に絶対の法則はないので失敗も多いが、トレーリングストップ注文をおけば収益が上がる可能性は高まるだろう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください7月はイベント続きのトランプ劇場相場。米系ファンドの資金は「里帰り」?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

7月はイベント続きのトランプ劇場相場。米系ファンドの資金は「里帰り」?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。