facebook twitter
7月は決戦の月!調整相場で日柄調整か、それともリスクオフか?
石原 順
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

7月は決戦の月!調整相場で日柄調整か、それともリスクオフか?

2018/6/28
・米国株の中間選挙年サイクル
・7月相場のボラティリティジャンプにご用心!?
・為替相場と取引タイムフレーム
facebook twitter メールで送る 印刷

米国株の中間選挙年サイクル

 下のチャートは過去116年間の『米国株の中間選挙年サイクル』である。今年は米国の中間選挙の年だが、中間選挙年サイクルでは「株は8月に天井をつけて、11月半ばに買い場が来る」という結果になっている。米中間の「貿易戦争」の懸念が高まるなか、株式市場では『米国株の中間選挙年サイクル』が話題になり始めている。

 

米大統領選挙サイクルの2年目

出所:ラリー・ウィリアムズ「フォーキャスト2018」 ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載

 

7月相場のボラティリティジャンプにご用心!?

 米中貿易摩擦再燃をはじめとする貿易戦争懸念、米国の輸入自動車への追加関税、イタリア、スペインなどの南欧不安など懸念材料をあげればきりがない。直近ではメルケル政権が移民問題で足元がぐらついている。移民問題というのは国内の内戦状態だ。

 トランプ米大統領は同盟国にもイラン産原油の輸入をゼロにするよう、強硬な姿勢を示している。シェールオイルで石油問題のなくなった米国は、サウジアラビアやイスラエルに対しても知らん顔をしており、まさに米国は世界から撤収していく鎖国的態度をとっている。

 それでも現在の市場環境は極めて楽観的にみえる。しかし、貿易戦争がこじれれば、7月はリスクオフ相場になってもおかしくない。トランプ政権は中国製品に対する第1弾の制裁関税を7月6日に発動する予定となっている。それまでに水面下の2国間交渉は進むのだろうか?

 先週のレポートでも指摘したが、やはり米国株市場は下落した。チャート下段のATR(14)の推移をみると、貿易戦争の夏と言われる7月相場でボラティリティジャンプが起こってもおかしくない状況にある。

S&P500とVIX指数の推移(日足)

出所:石原順

 

日経平均株価の先行指標となっているシカゴの木材先物(日足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1.6シグマ
中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)
下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ
出所:スマホアプリ「Pan Rolling Custom Chart」β版

 

 米著名投資家のラリー・ウィリアムズは、「フォーキャストラインが下落に向かう7月の米株式市場は軟調に推移する」とみているようだ。

ラリー・ウィリアムズのS&P500先物予測

出所:ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)2018年6月25日 ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載。著作権のため、チャートおよび文章の一部を隠しています

 

為替相場と取引タイムフレーム

 最近、筆者は運用者やブローカーから「動かない、方向感がない」相場へのボヤキを毎日聞かされている。しかし、通貨ペアやタイムフレームを変えれば、いくらでもチャンスは転がっている。相場は観察する時間枠(タイムフレーム)によって、相場認識が全く変わる。収益機会は日足だけではないということだ。

 以下はユーロ/ドル、ドル/スイスフラン、ドル/円の30分足・1時間足・4時間足・日足のチャートである。

 日足のトレンドの有無は1時間足や30分足の取引においても最重要ファクターだが、取引タイムフレームの選択ということで言えば、1時間足のADXや標準偏差ボラティリティの形状が一番安定している。

 筆者はこれまで4時間足以下のタイムフレームでの標準偏差ボラティリティトレードを推奨してきたが、日足相場よりも資金効率が抜群に良いし、実際、1時間足取引の収益が一番安定している。

ユーロ/ドル(30分足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/スイスフラン(30分足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/円(30分足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ユーロ/ドル(1時間足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/スイスフラン(1時間足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/円(1時間足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ユーロ/ドル(4時間足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/スイスフラン(4時間足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/円(4時間足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ユーロ/ドル(日足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/スイスフラン(日足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/円(日足)標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダー修正平均ADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

「私たちは必ずしも特定の時期にうまく乗れるわけではない。だが注意深く検討すれば、不確かな世界でも最も理にかなう投資哲学はトレンドフォローだ。トレンドフォローは高値で買ったり安値で空売りする。19年間、私たちは一貫して高値で買い、安値で空売りした。もしトレンドが市場の根本的な性質でなければ、私たちのような取引手法ではたちまち廃業に追い込まれていただろう。しかし、トレンドはこの世の不可欠で根本的な現実だ」(ジョン・W・ヘンリー)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください7月は決戦の月!調整相場で日柄調整か、それともリスクオフか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

7月は決戦の月!調整相場で日柄調整か、それともリスクオフか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。