facebook twitter
中東不安とナスダック反発のどちらに軍配?
香川 睦
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

中東不安とナスダック反発のどちらに軍配?

2018/5/11
・中東の地政学不安と原油高は株式の重し?
・ナスダックの反発は利益成長期待の復活が背景
・米国のナスダックやIT関連の戻りに注目するなら
facebook twitter メールで送る 印刷

中東の地政学不安と原油高は株式の重し?

 日米株式は5月入りしても底堅い動きを維持しています。四半期来(4月以降)の騰落率で比較すると、米ダウ平均が+1.8%、世界株式(MSCI)指数は+2.1%となっており、為替がドル円で+3.2%と円安。日経平均株価は+4.9%と世界株式より優勢となっています(5月9日)。トランプ米大統領が8日に「イラン核合意からの離脱」を表明し、中東地域を巡る不安が高まったことで、原油相場(WTI先物)は約3年半ぶりに71ドル超まで上昇しました。

 ただ、欧州主要国が核合意を維持する姿勢を示したことや、米国離脱による経済的影響がいまだ不明であることで、金融市場への影響は限定的となっています。むしろ米国市場では、エネルギー関連株(S&P500エネルギー株指数)の上昇が相場全体の基調回復を支えている状況です。実際、朝鮮半島の緊張緩和もあり、米国市場で投資家の不安度を示すとされる「恐怖指数」(CBOE SPX Volatility Index)や「ブラックスワン指数」(CBOE SKEW Index)は低下しています(図表1)。

 14日には米国が在イスラエル大使館をテルアビブからエルサレムに移転させる予定で、イスラム諸国の反発は必至です。原油相場高騰が消費や業績に与える影響を憂慮すべきですが、現時点で市場への影響は限られそうです。

図表1:米国市場の恐怖指数とブラックスワン指数は低下している 

注: 「恐怖指数」=CBOE SPX Volatility Index (VIX)、「ブラックスワン指数」=CBOE SKEW Index
出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年5月9日)

 

ナスダックの反発は利益成長期待の復活が背景

 米国市場では、第1Q(1-3月)の決算発表が好調に推移しています。S&P500指数を構成する500社のうち447社(約9割)が決算発表を済ませた段階で、EPS(1株当り利益)は前年同期比で平均24.5%増益(株式数加重平均)と、事前予想平均(17~18%増益)を上回っています。米景気の堅調と大幅減税の効果が業績を想定以上に押し上げています。

 なかでも、ナスダック総合指数の中核を占めるIT(ハイテク)関連の業績好調が鮮明となっています。S&P500情報技術(IT)株指数ベースでみると、構成69社のうち53社が決算発表を済ませた段階で、前年同期比で平均35.1%増益となっています。例えば、アップル、アマゾン・ドット・コム、アルファベット(グーグル持ち株会社)、フェースブック、マイクロソフト、インテルなど時価総額上位銘柄の決算は事前予想平均を上回る結果となりました。

 特に時価総額で世界最大であるアップルは、史上最大規模の自社株買い(約1,000憶ドル=約11兆円)と16%の増配を発表。著名投資家ウォーレン・バフェット氏がCEOを務めるバークシャー・ハサウエー社が1-3月にアップル株を買い増したことを公表し、アップルの株価は5月4日以降連日で最高値を更新しました。

 また、トランプ大統領の批判で株価が一時下落したアマゾン・ドット・コムも最高値を更新。ナスダック総合指数の戻り基調を支えています。

図表2:利益成長期待の復活でナスダック相場は反発

注:業績見通し=ナスダック総合指数ベースの12カ月先予想EPS(市場予想平均) 出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年5月9日) 

 こうした好決算を背景に、ナスダックの業績見通し(利益見通し)が一段と改善しています。図表2が示す通り、ナスダック総合指数ベースの12カ月先予想EPS(市場予想平均)は、減税効果を織り込んで年初来拡大してきましたが、4月に入っても一段と拡大しています。一時不安視された「利益成長期待」が復活したことで、ナスダック総合指数の四半期来(4月以降)騰落率は+3.9%、ナスダック100指数は同+4.7%、NYSE FANG+指数は同+11.4%と市場平均(S&P500指数は同+2.2%)より優勢となっています。利益成長期待の復活を追い風にして、ナスダック相場は当面も堅調を続けそうです。

 

米国のナスダックやIT関連の戻りに注目するなら

 こうしたナスダック関連株や米国のIT(ハイテク)関連株の戻り基調に注目し、ナスダックや米IT分野に分散投資することができるETF(上場投信)を一覧にしてご紹介します(図表3)。

 例えば、ナスダック総合指数の構成銘柄(約2,570社)のうち、時価総額上位100銘柄(金融を除く)で構成されるナスダック100指数に連動する投資成果を目指すETFが日米それぞれの取引所に上場されています。東証上場の円建てETF(東証コード:1545)や、米国(NYSE)上場のドル建て海外ETF(ティッカー:QQQ)がそれです。

 また、米国や世界のIT(ハイテク関連)セクターに分散投資する米国上場の海外ETF(ティッカー:VGT、IXN、XLKなど)も日本で売買することが可能です。

図表3:米国のナスダックやIT関連株に分散投資するETF

*運用経費率は投資家(ファンド保有者=受益者)が負担する運用費用や信託報酬を年率換算で表示したもの
出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年5月9日)

 図表4は、ナスダック100指数に連動を目指す東証上場ETF(1545)の取引価格(円)と日経平均の推移を、2013年初を起点にして比較したグラフです。同ETFの価格は約5年で3倍以上となっており、リターンが日経平均よりも約5割優勢であったことも分かります。為替変動の影響を加味しても、ナスダックの高い利益成長期待が日経平均の成長期待を大きく凌いできたことを示すと考えられます。こうしたETFを投資ツールとして活用することで、米国の成長ダイナミズムを支えるイノベーション(技術革新)や関連企業群の利益成長期待を享受しつつ、個別銘柄のリスクを抑制する分散投資効果も期待できる点に注目したいと思います。

図表4:ナスダック100指数連動型ETF(円)は日経平均より優勢

注:上記はETFの価格と日経平均の推移を比較したものです(2013年初=100)
出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年5月9日)

 

 

▼著者おすすめのバックナンバー

2018年5月2日:日経平均の上昇余地と下落余地を試算する
2018年4月27日: 米長期金利上昇は恐怖?日経平均への影響は?
2018年4月20日: 業績相場が再始動?決算発表が相場反発のカタリストに

 

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:ますます身近で広がる『自動運転車』

今日、あの日:44年前の5月11日「公害事件」

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中東不安とナスダック反発のどちらに軍配?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中東不安とナスダック反発のどちらに軍配?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。