facebook twitter
消耗する空中戦?しばらく乱高下する横ばい相場か
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

消耗する空中戦?しばらく乱高下する横ばい相場か

2018/3/8
・市場は、トランプの保護主義よりコストプッシュインフレを嫌がっている
・ラリー・ウィリアムズの順張り売買システムのシグナル
・ADXと標準偏差ボラティリティでみるトレンドの判定
facebook twitter メールで送る 印刷

市場は、トランプの保護主義よりコストプッシュインフレを嫌がっている

 トランプ政権が鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限措置を発動するというので、「貿易戦争か?」と大騒ぎだが、保護主義は元々トランプの公約である。今回の輸入関税問題は、相場が下げているので、その説明に使われているだけという側面もある。トランプはビジネスマンなので、「TPP(環太平洋経済連携協定)やNAFTA(北米自由貿易協定)の交渉を考えてブラフをかけているだけ」との見方もあり、ブリッジウォーター・アソシエーツで世界最大のヘッジファンドを運用するレイ・ダリオは、「トランプの輸入関税は政治ショーだ」と述べている。

 NYタイムズのブログでポール・クルーグマンは「保護主義という毒薬を用いても短期的には貿易赤字はたいして解消しないし、輸入品価格の上昇を通して物価上昇をもたらすことになる」と、トランプを批判している。トランプの保護主義を市場が嫌がっているのは、コストプッシュインフレを招くからだ。現在の人為的に吊り上げられた株式市場にとって死の宣告となるのはインフレである。

 FRB(米連邦準備制度理事会)は過去の景気後退局面で4~5%の利下げで対応しているが、現在の利下げの<のりしろ>は1.25%しかない。今後、株式市場が大幅に下落すればQE4(量的緩和 第4弾)を行うしかないだろう。しかし、インフレになれば、中央銀行は利下げもQEもできない。この中央銀行バブルと呼ばれる過剰流動性相場の終わりのシグナルはインフレだ。現在のドル安や金利上昇は、トランプ政権に対して市場が警鐘を鳴らしているのである。

 米国の景気やバブル相場の延命は、保護主義では持続不可能なのである。しかし、「ウォール街は虚業だ。自分は実業家である」と胸を張るトランプは、ヒラリー・クリントンとは真逆の<反ウォール街・反軍産複合体>という、ある意味で革命的な政治家であり、表面的な発言とは裏腹に、心の奥底では「株価が暴落しようが俺の知ったことではない」と思っているはずである。仮に株が暴落すれば、米国のディープステート(影の政府)はひっくりかえってしまうので、トランプには政敵がいなくなるという点で好都合かもしれない。

 今後、トランプ政権の<ドル安+保護主義的傾向>が強まると、中国が米国債を売ってくる可能性が高まる。中国政府系の債券格付け機関である大公が今年1月に米国債を格下げしたが、これは、中国のトランプに対する警告であると言われている。

 マーケットはトランプの発言に振り回されているが、今週、筆者はマーケットからいったん、離れている。米国の長期金利の上昇がいったんピークアウトしているからだ。バブルが延命できるか否かの焦点はインフレだと考えている。したがって、長期金利が上がらないと完全なリスクオフ相場にはならない。株式市場も為替市場も空中戦的な往来相場になるだけだろう。

 トレンドのない調整相場は、チャートのフォーメーションが読みづらい。加えて、相場のボラティリティ・レベルも高いうえ、場づらのいいところで相場に乗ると、「売ってやられ、買ってやられ」という消耗戦になりかねない。


米国10年国債金利(日足)

パウエルは長期金利の急騰を抑えて適温相場を延命させることができるか?
トランプがドル安と保護主義に軸足を移すと、中国の米国債売りが怖い…?
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

 

ラリー・ウィリアムズの順張り売買システムのシグナル

 ラリー・ウィリアムズの<順張り売買システム>(ラリー・ウィリアムズ・エキスパート)で、NYダウ、日経平均、ユーロ/ドル、ドル/円のトレンドを見てみよう。株式市場はゴルディロックス相場に変化が生じ、2月からはこれまでの相場の調整(反動)局面に入っていることがわかる。為替市場の方はドル安傾向だが、特に円高の動きが際立っている。


NYダウ(日足)

上段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(黄色のライン)
下段:ラリー・ウィリアムズ・エキスパート(青=買いトレンド・赤=売りトレンド)
出所:石原順


日経平均(日足)

上段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(黄色のライン) 下段:ラリー・ウィリアムズ・エキスパート(青=買いトレンド・赤=売りトレンド) 出所:石原順


 ユーロ/ドル(日足)

上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(黄色のライン)
下段:ラリー・ウィリアムズ・エキスパート(青=買いトレンド・赤=売りトレンド)
出所:石原順

ドル/円(日足)

上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(黄色のライン)
下段:ラリー・ウィリアムズ・エキスパート(青=買いトレンド・赤=売りトレンド)
出所:石原順


ADXと標準偏差ボラティリティでみるトレンドの判定

 ADXや標準偏差ボラティリティの推移から日足相場をもう少し詳細に見てみると、現在の相場はNYダウ、日経平均、ユーロ/ドル、ドル/円も調整色の強い展開となっている。ドル/円の円高トレンドもいったんピークアウトしてもおかしくはない形状だ。このような相場環境で無理をする必要はない。このマーケットはしばらく乱高下するだけの、はっきりしない横ばい相場になるかもしれない。次の明確なトレンドの示唆を待ちたい。


NYダウ(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)
出所:石原順

日経平均(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青) 下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑) 出所:石原順

ユーロ/ドル(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順


ドル/円(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください消耗する空中戦?しばらく乱高下する横ばい相場か

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

消耗する空中戦?しばらく乱高下する横ばい相場か

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。