お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
底値圏で買った株の利食いタイミングの見極め方とは?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

底値圏で買った株の利食いタイミングの見極め方とは?

2010/11/25
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

底値圏で買った株は大きな利幅を狙うのがセオリー

前回は、株価が底値圏にある場合の新規買いのタイミングの見極め方についてご説明しました。買った株は、いつかは売るもの。そこで、多少気が早いかもしれませんが今回は底値圏で買った株の売却タイミングと上昇相場での立ち回り方について考えてみようと思います。
利食いのルールとして「買値から30%上昇したら利食いする」というように買値からの上昇率基準とされている方も多くいらっしゃると思いますが、底値圏で買えた銘柄をたかだか30%の上昇で利食いしてしまうのは、筆者からすれば「もったいない」の一言です。
ひとたび底打ちすれば株価がそこから5倍、10倍にも上昇することも決して珍しくないのが株式投資の醍醐味。せっかく底値圏で買えたのなら、できるだけ利益を大きく引っ張って満足のいく水準で利食いたいものです。

どうやって「底値圏」で買えたことを知るか

とはいえ、底値圏で買ったつもりが実際にはまだ下降トレンド途中だったという可能性もあり、なんとも難しいところです。
まず問題となるのは、「本当に底値圏で買うことができたのか」という点です。こればかりは後になって株価が大きく上昇してから振り返ってみなければ分かりません。過去に底値をつけたとき(例えば、2002年秋に多くの中低位株が大底を打ったときや、2003年春に日経平均株価や多くの銘柄が底打ちをしたとき)の株価水準や新安値銘柄数、信用評価損益率、騰落レシオ、底打ち前後の株価チャートの形などを参考にして買っていくしかありません。
あくまでも筆者の個人的な感覚ですが、個別銘柄に目を向けると、2008年10月や2009年3月に日経平均株価が底打ちしたときの株価水準近辺まで下げている銘柄も多く、中にはその株価水準を大きく下回って、20年来、30年来の株価まで下がっている銘柄もあります。こうした状況からすると、いつ底打ちして2003年~2006年のような大相場が始まってもおかしくはありません。
したがって、底値圏で買えた可能性があるならば、損切りライン(例えば買ったときの直近安値)に抵触しない限りはしばらくの間持ち続けた方が、利益を大きく伸ばせる可能性が高いといえます。そもそも底値圏で買えたならば、損切りラインを割り込むことは当面ないはずです。

底打ち後の上昇規模は事前には分からない

仮に近い将来底打ちした(銘柄によってはすでに底打ちしている可能性も大いにあります)として、それが2002年10月~2003年4月型なのか、2008年10月~2009年3月型なのか、これもあとになってみなければ分かりません。2002年10月~2003年4月型は、ほぼすべての銘柄が日足、週足にとどまらず月足レベルも上昇トレンドに転換しました。一方、2008年10月~2009年3月型は、上昇トレンドへの転換が週足レベルまでにとどまった銘柄も多くありました。
前者なら非常にスケールの大きい上昇相場になりますし、後者ならそこそこの上昇で終わってしまいます。
どちらになるか分からないのだとしたら、どちらに転んでもよいように対応策を考えておくべきでしょう。

底打ち後の上昇相場では「種株」と「上乗せ株」に分類して保有

そこで、筆者であればどう転んでもよいように、「種株」と「上乗せ株」に分類して管理します。
「種株」とは、底値圏でうまく買うことができたと思われる保有株です。これは日足、週足のトレンドがどうであっても、損切りラインに抵触しない限りは基本的には保有を続けます。損切りラインに抵触した場合は、まだ底打ちしていなかったことを表しますから損切りして次のチャンスを待ちます。
種株を利食いするのは、月足のトレンドが上昇トレンドになり、その後下降トレンドに転換したタイミングとします。また、種株を多少大目に買っておき、株価が2倍になったらその半分を利食いしてひとまず投資資金を回収しておく、というのも1つの手です。
その上で、株価が上昇トレンド(少なくとも週足レベルで)に入ったことが鮮明になれば、「種株」の他に「上乗せ株」として追加投資をします。

種株はじっくり保有、上乗せ株はトレンド転換に応じて機動的な売買

「種株」は、数年間は保有する可能性がありますから現物株として保有します。一方の「上乗せ株」は、「種株」と区別するために信用取引での買いとします。なお、種株と上乗せ株は同じ銘柄でも異なる銘柄でもOKです。
「上乗せ株」は、週足チャートが上昇トレンドとなれば買い、下降トレンドに至れば売り、とします。日足チャートを用いても結構ですが、一般に日足の方が週足より売買のサイクルが短くなります。
本格的な上昇となると、月足チャートが上昇トレンドに至ります。月足チャートが上昇トレンドを続ける間も、日足チャートや週足チャートは上昇・下降のトレンドを繰り返すことがよくあります。「上乗せ株」は月足チャートが上昇トレンドである限りじっくり保有する「種株」とは異なり、週足ないしは日足の上昇トレンド入りで買い、下降トレンド転換で売り、というやや投資期間の短い手法となります。
この方法を実践すれば、スケールの大きい上昇相場となった場合は「種株」「上乗せ株」の双方で利益を得ることができます。週足レベルのトレンド転換に留まり、そこそこの規模の上昇で終わってしまった場合でも、「上乗せ株」で利益を獲得できますし、「種株」についても底割れしない限り保有を続けていればよいのです。

なお、「上乗せ株」として買ったつもりの株がそこから大きく上昇した場合は、現引きして種株に組み込んでも構いません。
時には株価が大きく上昇し、移動平均線から大きく上方に乖離することもあります。そんなときには下降トレンドへの転換(株価の移動平均線割れ)を待ってから売ると、利益を大きく減らしてしまうことにもなりかねませんので、持ち株の一部は利益確定売りをしておくのも一考です。

なお、売り時の見極め方についての全般的な点は、下記コラムもご参考にしてください。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください底値圏で買った株の利食いタイミングの見極め方とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

底値圏で買った株の利食いタイミングの見極め方とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。