12月の株主優待銘柄

 2019年最後となる12月優待は年の瀬の12月26日(木)が権利付き最終日になります。26日までに株を買って27日(金)の権利落ち日まで保有すれば、土日を挟んだ大納会の30日(月)に株主名簿に記載され、優待権利を獲得することができます。

 12月の優待株は3月、9月に次いで1年で3番目に多い173銘柄。すかいらーくHDや日本マクドナルドHDといった飲食系優待が人気上位のほか、キリン、コカ・コーラボトラーズ・ジャパン、アサヒグループHDなど飲料品優待も目を引きます。※楽天証券 株主優待検索より。

 そんな12月の優待株の中で人気第1位になったのは、日本たばこ産業(JT)です。ただし、内容に関しては大きな変更がありました。これまで6月、12月の年2回だったJTの優待ですが、今回からは12月のみの年1回になり、権利獲得には1年以上の継続保有が必要になってしまいました。つまり、今からJT株を新たに購入しても今回の優待をもらうことはできません。※トウシル作成12月株主優待 人気ランキングによる。以下同

 優待内容自体は、ご飯やカップ麺(100株以上)、ジャム(200株以上)、さぬきうどんセット(1,000株以上)など、自社グループ商品からの選択制です。今回から100株で2,500円、200株以上で4,500円、1,000株以上2,000株未満で7,000円相当と、年2回のときに比べて500~1,000円分、グレードアップしました。

 優待は1年以上の継続保有が条件になりましたが、JTの魅力は6%を超える、配当利回りです。減収減益予想の今期も16年連続増配を続け、1株あたり年間154円が配当される予定。配当性向は連結純利益の74.6%に達しています。株主配当は12月26日の権利付き最終日までに買えば、今からでももらえます。

 第2位はファミレス日本一のすかいらーくHDです。6月と12月の年2回、100株保有で、ガスト、夢庵、魚屋路など系列店舗で使える株主様ご優待カード3,000円相当各1枚(合計6,000円相当)がもらえます。300株以上500株未満では6月の9,000円相当に対して、12月は1万1,000円相当(合計2万円相当)など、300株以上保有する場合は6月より12月に権利獲得したほうが、もらえる優待カードの金額が高くなります。

 第3位は日本マクドナルドHDの食事券優待です。バーガー類、サイドメニュー、ドリンクがセットになった食事券6枚綴りの冊子は食べごたえ満点。こちらも6月、12月の年2回、100株保有で優待食事券各1冊、セットメニューでいうと6食分×年2回がもらえます。

 第4位はクルマ好きに人気の高いホンダです。3・6・12月の年3回制で、鈴鹿サーキットかツインリンクもてぎの優待入場券(年1回)が贈られる3月末、工場見学や、3年以上の長期保有だとレース・イベントに参加できる(ともに応募・抽選制)6月末、そして12月末は「Enjoy Honda」への招待(応募・抽選制)が優待内容です。「Enjoy Honda」はホンダが全国各地のサーキットなどで開くイベントで、F1マシンと記念写真が撮れたり、レーシングシミュレーターを体験できます。

 第5~6位は12月だけの年1回優待です。第5位の東海カーボンはオリジナルカタログ優待で、100株の場合、1年以上の継続保有を条件に2,000円相当のギフトを選べます。第6位のクックパッドは100株以上で「クックパッド」プレミアムサービス利用が6カ月無料に。同サービスは月額280円(税抜き)なので、半年だと1,680円相当になります。1年以上継続保有すると、同サービスを1年間無料で利用できます。

 第7位のキリンホールディングスは100株保有で、一番搾り(合計4本)、清涼飲料(合計7本)、ビアレストラン「キリンシティ」のお食事券1,000円相当1枚、さらにサッカー日本代表応援グッズタオルマフラー(株主様限定オリジナルデザイン)から選ぶことができます。

【もっと優待株株を探す!】
ブロガーとプロが教える株主優待NEWS