facebook twitter
コモディティ☆クイズ【14】「石油輸出国機構(OPEC)」の世界シェアは?
吉田 哲
商品先物取引入門講座
商品先物取引とはどんな取引なのでしょうか?なかなか取引を行うまでには至らない、ちょっとハードルが高い存在・・・と感じる方も多いと思います。このコラムでは、「そもそも商品先物取引と…

コモディティ☆クイズ【14】「石油輸出国機構(OPEC)」の世界シェアは?

2018/7/6
・今回は「石油輸出国機構(OPEC)」に関連する国について解説します
・複数のヒントをもとにクイズにトライして、石油輸出国機構(OPEC)の基礎知識を身につけましょう
facebook twitter メールで送る 印刷

今回は「石油輸出国機構(OPEC)関連国」に注目

 今回は、石油関連市場を見通す上で重要な、石油輸出国機構(Organization of the Petroleum Exporting Countries 以下OPEC)に注目します。

以前にOPECについては「コモディティ☆クイズ【1】「OPEC」の世界シェアは?」 で解説しましたが、2018年6月、OPEC総会で加盟国が増えたこと、年次統計が公表されデータが更新されたことを受け、改めて取り上げることにしました。

 現在、原油の減産(意図して生産量を削減して需給バランスを引き締める施策。原油価格の上昇要因)に取り組んでいるOPECは、2018年6月の総会で、条件付きで増産を決定しました。

 だた、増産を決定したものの、原油価格は高止まりしたままです(2018年7月4日現在)。従来の“減産=原油価格上昇”“増産=原油価格下落”、というような単純な状態ではないのが足元の原油相場だと言えます。

 OPECのリーダー格であるサウジアラビア、共に減産に取り組んでいる非OPECのリーダーであるロシア、そして減産中のOPECに正反対の施策である増産を要請した米国(トランプ大統領)などが絡んだ、政治色を強める状況となっています。

 このような状況において、OPECとはどのような国が加盟しているのか? OPECの生産シェアはどれくらいなのか? などの基礎的な知識を頭に入れておくことは非常に重要です。
 

OPEC関連国☆コモディティクイズ全2問

問1:OPEC加盟国(2018年7月現在)
全15カ国の国名を考えてみよう

出所:OPECのデータをもとに筆者作成 ★答えと解説は、このページの下段にあります

 

 

問2:OPECの生産シェア(2017年現在)上位3カ国、非OPECの生産シェア上位2カ国、およびOPECと非OPECのシェアを考えてみよう

出所:USDAのデータをもとに筆者作成 ★答えと解説は、このページの下段にあります

 

OPECについて ☆コモディティクイズ解答と解説

答え1:OPEC加盟国の正解は…

出所:OPECのデータをもとに筆者作成

[解説]

 上図のとおり、2018年7月時点で15の国がOPECに加盟しています。直近では2017年5月に赤道ギニアが、2018年6月にコンゴが加盟しました。地域別に見てみると、中東はサウジアラビア、カタール、イラク、クウェート、イラン、UAE(アラブ首長国連邦)の6カ国、北アフリカはリビア、アルジェリアの2カ国、西アフリカはナイジェリア、赤道ギニア、ガボン、アンゴラ、コンゴの5カ国、そして南米にはエクアドルとベネズエラの2カ国となっています。

 北アフリカのリビアの国旗は、赤、黒、白、緑を基調とする「イスラム・アラブ色」で構成されています。また、アルジェリアの国旗の中心にある赤い三日月はトルコと同様、イスラムのシンボルと言われます。

 国旗が示すように、歴史的、宗教的にリビアやアルジェリアが属する北アフリカは中東との関わりが強く、その意味では、この2カ国は同じアフリカでも西アフリカの産油国とは異なる特徴を持っていることを意識する必要があると思います。

答え2:OPEC加盟国の生産シェアの正解は…

出所:OPECのデータをもとに筆者作成

[解説]

 OPEC加盟国で最も生産シェアが大きいのはサウジアラビアです(13.3%)。次にイラク(6.0%)、イラン(5.2%)と続きます。一方、非OPECで最も大きいのはロシア(13.9%)、次いでアメリカ(12.5%)です。2017年時点のOPECのデータでは、世界シェア1位はロシア、2位はサウジアラビア、3位はアメリカとなっています。

 2018年6月時点でサウジアラビアは、2018年6月のOPEC総会で事実上決定した「増産」を早くも実施しているとみられ、サウジアラビアのシェアが今後、徐々に上昇する可能性があります。

 また、減産は2018年12月で終了しますが、仮に減産が延長されなければ2019年1月以降、OPEC加盟国の中でも増産をしてシェアを伸ばす国が現れる可能性があります。

 仮にOPEC加盟国の生産量が増加すれば、OPECのシェアが上昇、相対的に非OPECシェアが下落、といった変化が生じる可能性があります。(解答のとおり2017年時点でOPECと非OPECのシェアの比は44:56でした)

 シェアの大きさは、発言力の大きさとも言えます。今後もOPECと非OPEC、個別の国のシェアに注目が集まります。

 いかがでしたでしょうか。原油のことを知る上で、OPECを知ることは非常に重要だと思います。これを機に、ぜひ加盟国やシェアを覚えてみてください。
 

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

2018年7月2日:原油の年前半戦はV時回復。トランプ、イラン…原油相関図で後半戦を占う
2018年6月26日:原油価格は上昇。OPECが総会で成功した2つのこと
2018年6月8日:原油市場は前代未聞の混乱!伏線だらけの米国、OPEC主演Oilドラマは佳境へ

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいコモディティ☆クイズ【14】「石油輸出国機構(OPEC)」の世界シェアは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

コモディティ☆クイズ【14】「石油輸出国機構(OPEC)」の世界シェアは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。