お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
コモディティ☆クイズ【1】「OPEC」に挑戦してみよう!
吉田 哲
商品先物取引入門講座
商品先物取引とはどんな取引なのでしょうか?なかなか取引を行うまでには至らない、ちょっとハードルが高い存在・・・と感じる方も多いと思います。このコラムでは、「そもそも商品先物取引と…

コモディティ☆クイズ【1】「OPEC」に挑戦してみよう!

2017/12/21
クイズに答えながら、各銘柄の価格変動の要因を報じるニュース(情報)などを知り、専門的な用語について学べます。
facebook twitter 印刷する

 先週までの3回、国内商品先物市場で取引ができる銘柄を「貴金属」「石油」「農産物」の3つのカテゴリに分け、それぞれの特徴を述べました。今週は、各銘柄の価格変動の要因を報じるニュース(情報)に登場する、専門的な用語について解説します。

 キーワードは「OPEC」です。

「OPEC」というキーワードは、主に原油や石油製品の価格変動を報じるニュースに登場します。足元の原油価格動向への理解を深めたり、今後の原油価格の変動を考察したりする上で重要なキーワードです。原油市場の動向が株式や通貨の動向に与える影響が大きくなっていることから、OPECを知ることの重要性は増していると思います。

 以下は、筆者がさまざまな情報を元に作成した、OPECについて説明した文です。ただ説明しただけでは理解が深まりにくいと思い、出題形式にしてみました。合計5問あります。ヒントをもとに、トライしてみてください。解答は問5の下にあります。

 

いくつ正解するかな? 「OPEC」問題

問1


 

問2


 

問3


 

問4

問5

 

※解答はコチラ

【解説】

 OPECは原則として石油を輸出する国で構成されています。2016年11月の総会でインドネシアがOPECから脱退しましたが、その理由は同国の石油輸出量が減少したためと言われています。2017年11月時点の加盟国は14カ国です。中東はサウジアラビア・イラク・イラン・アラブ首長国連邦(UAE)・クウェート・カタールの6カ国(2017年11月の原油生産量順)、アフリカはナイジェリア・アンゴラ・アルジェリア・リビア・ガボン・赤道ギニアの6カ国(同)、中南米はベネズエラ・エクアドル(同)の2カ国となっています。

 また、地域ごとのOPEC内の生産シェアは、中東が75.2%、アフリカが17.5%、中南米が7.3%となっています。(2017年11月時点)

 豊富に有する石油資源の価格の決定権を、当時世界を席巻していた国際石油資本(メジャー)から奪取することを目的として設立されたと言われています(1960年に設立)。1970年台に起きたオイルショックに深く絡みOPECは「石油カルテル」とも言われました。当時、原油市場は「OPECの時代」を迎えました。

 一方、2003年ごろからの新興国の台頭、2009年ごろからの世界的な金融緩和の流れの発生などにより、原油市場は大きく様変わりしました。また、2010年ごろにはじまった米国でのシェール革命により、米国の原油生産量が急増し、OPECの生産シェアを脅かすようになりました。

 OPECを取り巻く環境が大きく変化する中で、OPECの原油価格への影響度は以前よりも低下していると言われています。世界における原油の生産シェアは「OPECの時代」と言われた1970年代に最大で54.2%に達しましたが、2016年には44.1%となっています。(OPECのデータより)

 また、OPEC総会は6月前後と12月前後の年に2回、開催されます。最近の総会では、2016年11月の総会で減産を実施することを、2017年5月と11月の総会ではそれぞれ減産の延長を決定しました。総会で用いられる言語は英語です。11月の総会後、非OPEC諸国との共同会見にロシアの当局者が参加しましたが、英語への同時通訳が行われました。

 次回の総会は2018年6月22日(金)に予定されています(場所はウィーンのOPEC本部)。総会は臨時で開催されることもあります。

 現在、OPECはロシア等のOPECに加盟していない一部の産油国とともに合計24カ国で、世界の石油在庫(具体的には先進国の石油在庫)を減少させることを主な目的として、減産を実施しています(2018年12月まで実施予定)。OPECの存在意義とも言える世界の石油需給の安定化に寄与する行動と考えられます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいコモディティ☆クイズ【1】「OPEC」に挑戦してみよう!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

コモディティ☆クイズ【1】「OPEC」に挑戦してみよう!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。