日本株は配当利回りから見て割安と判断

 日本株は、配当利回りやPER(株価収益率)などの株価指標で見て割安で、長期投資で資産形成に寄与する投資対象と判断しています。

日本の長期金利(10年もの新発国債利回り)と東証1部予想配当利回りの推移:1993年5月~2018年4月(18日まで)

注:楽天証券経済研究所が作成

 

10万円から始める好利回り株投資

 これから資産形成のために日本株への投資を始める方は、日経平均株価に連動するインデックスファンドや、10万円以下で買える銘柄への小口投資から始めたらいいと思います。一度に大きな金額を買うのではなく、毎月一定額を買い付けるなど、堅実に投資を増やしていく買いほうが良いと思います。

 そこで本日は、10万円以下で買える株の選び方をご紹介します。

スーパースクリーナーを使って銘柄選択

 楽天証券ウェブサイトでは、さまざまな条件を指定して、その条件に合った銘柄をスクリーニング(抽出)する「スーパースクリーナー」というツールを提供しています。スーパースクリーナーの使い方は、次のリンクをご参照ください。

スーパースクリーナーを使った銘柄分析方法を動画で解説

 なおスマホ上でiSPEEDの「スーパースクリーナー」を使う方は次のリンクから使い方をご参照ください。

iSPEEDで「スーパースクリーナー」を使う方法

 このレポートではパソコンでスーパースクリーナーを使う方法を中心に解説します。

 スーパースクリーナーを使って選ぶ、10万円以下で投資できる、アナリストが強気またはやや強気の好配当利回り株の選び方をご紹介します。次の手順で絞り込みます。

(1)10万円以下で買える1,035銘柄を抽出

 画面の左側にある「条件指定」欄で、以下の通り、投資対象とする市場を選び、次に、投資金額で「10万円以内」と指定してください。

 すると画面の右側に、条件に合う1,035銘柄が出てきます。この1,035銘柄が、2018年4月18日時点で、最少投資単位が10万円以下の銘柄です。