お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
上場投資信託「ETF」の魅力と注意点
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

上場投資信託「ETF」の魅力と注意点

2010/9/22
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

バリュエーションに富んだETFのラインナップ

日本の株式市場にはETF(イーティーエフ)と呼ばれる上場投資信託が上場しています。このETFは、国内外の株価指数や商品価格、商品指数などに連動した値動きを目指す投資信託です。
日本の株価指数に連動するものとして、日経平均株価やTOPIXに連動するタイプはもちろんのこと、業種別指数(銀行株指数、薬品株指数など)に連動したものもあります。アメリカ株、ブラジル株、中国株など外国株の株価指数に連動するタイプのETFもありますし、金価格や原油価格などの商品価格や商品指数に連動するタイプ、REIT(不動産投資信託)指数や債券指数に連動するタイプなど、バリエーションに富んだラインナップになっています。

少額から国内外の株式等へ分散投資ができる

このETFに投資すれば、少額の資金でも分散投資の効果を得ることができます。例えば1口から購入可能な日経平均株価連動型ETFならば、1万円以下の金額で日経平均株価採用の225銘柄すべてへ分散投資するのと同じ効果を得ることができます。
また、外国株に興味はあるけれど敷居が高そうだ、と感じている方であっても、外国株の株価指数に連動するETFなら、日本の株式市場に上場しているので日本株と同じ感覚で手軽に売買することができます。

使い勝手やコスト面でも優れているETF

証券会社等で販売されている通常の投資信託にも、ETFと同じように日経平均株価やTOPIXといった株価指数と値動きが連動するタイプのもの(「パッシブ型ファンド」と呼びます。)があります。しかし、そうした投資信託は1日1回、決まった価格(前営業日の基準価格)でしか売買できませんし、買い付け時の手数料や信託報酬といったコストも結構かかります。
しかし、ETFは個別銘柄と全く同じように売買できますから、株式市場が開いていればいつでも売買可能ですし、指値注文・成行注文のいずれもできます。逆指値注文も出すことができます。手数料も、個別銘柄と同じ料金体系で計算された売買手数料を売買時に証券会社へ支払うだけでOKです。信託報酬も低く設定されているものが多く、使い勝手やコストパフォーマンスの面からみても、通常の投資信託より有利といえます。

ETFは信用取引も可能

さらに、一部を除いてETFは信用取引をすることもできます。ですから、レバレッジをかけて信用買いをすれば、成功すれば現物買いより多くの利益を得ることができます。また、日本株がしばらく軟調に推移しそうだ、と思えば日経平均株価やTOPIX連動型のETFを信用売り(空売り)すれば、株価下落により利益を得られます。
個別株の信用取引は値動きが大きくなってしまうこともありますが、日経平均株価やTOPIXといった株価指数は個別株より値動きが緩やかです。したがって、信用取引にまだ慣れないうちは、個別株の信用取引をする前に、日経平均株価やTOPIX連動型のETFの信用取引をしてみるのも良いかもしれません。

流動性の低いETFには要注意

このように、いつでも個別株と同じように売買でき、少額から分散投資が可能で、コストも安い、というのがETFのメリットですが、以下のような点には十分に注意しましょう。
まず、ETFの中には流動性が非常に低い、つまり日々の売買高が非常に小さいものがあるという点です。流動性が低いETFを買うと、その後売却する際に時価よりかなり低い価格でないと売れなかったり、ひどい場合には買い注文自体が入っておらず売ること自体ができないということもありえます。
いつでも気軽に売り買いできるのがETFのメリットです。売りたいときに売れなかったり、値段を下げて叩き売りせざるを得ないのではせっかくのメリットを生かすことができません。
筆者の経験からすれば、自身が投資したい口数の100倍の売買高が毎日コンスタントにあるようなETFを選択することをお勧めします。

価格が指数と乖離しやすいETFにも注意しよう

また、ETFは指数や商品価格に値動きを連動させるように運用されているものの、中には対象となる指数等と乖離した価格が形成されることが多いものもあります。典型例は、流動性が低いETFと海外株など海外の指数に連動するタイプのETFです。
流動性が低いETFは、少量の売買注文が入っただけで価格が大きく上下に振れてしまいます。その結果、連動すべき指数の価格とはかけ離れた価格がついてしまうのです。
海外の指数に連動するタイプのETFの場合、日本の株式市場が開いていても対象となる指数を算出する海外市場は閉まっていることもあります。そんな中で取引が行われると、指数とはかけ離れた、需給や思惑に大きく左右された歪んだ価格が形成されてしまうのです。
流動性の低いETFはできるだけ避けたほうがよいのは上でも述べたとおりです。海外の指数に連動するタイプのETFは指数と価格が乖離しやすいことは仕方ないにせよ、指値注文を心がけるなど、指数と大きくかけ離れた価格で売買してしまうことのないよう心がけましょう。

なお、ETFはあくまでも「指数」に値動きが連動した投資信託です。「指数以上のパフォーマンスを上げてもらいたい」「ファンドマネージャーが投資銘柄を厳選した投資信託に投資したい」という方は、証券会社等にて「アクティブ型ファンド」と呼ばれる投資信託の中から選ぶようにしてください。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上場投資信託「ETF」の魅力と注意点

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上場投資信託「ETF」の魅力と注意点

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。