お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
欧州版QE1は3年、月末にECBは2回目の大盤振る舞いへ
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

欧州版QE1は3年、月末にECBは2回目の大盤振る舞いへ

2012/2/2
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

FRBはリーマンショック以降、QE1、QE2と2回の量的緩和政策を行ってきた。QE1は2008年11月~2010年6月の20カ月間で1兆7250億ドルが投入された。QE2は2010年11月~2011年6月の8カ月間で6,000億ドルが投入された。このQE1、QE2という米国の量的緩和の期間中は、基本的に株式は上昇傾向となり、通貨(ドル)は下落傾向となった。

一方、ECBはドラギ総裁が「量的緩和政策は効果がない」などと表向きQE政策を否定していたが、昨年12月21日に3年(36カ月物)の長期資金供給オペ(LTRO)を行い、4,892億ユーロの資金を供給した。このオペの金利は平均政策金利(現在1%)である。

昨年12月21日時点のイタリア3年国債の利回りは5.782%、スペイン3年国債の利回りは3.764%であった。2012年2月2日現在はイタリア3年国債が3.808%、スペイン3年国債が2.897%まで買い進まれ、大幅な金利低下となっている。

イタリアとスペインの3年国債の利回り(日足)

3年(36カ月物)の長期資金供給オペ以降、利回りが急低下


(出所:石原順)

1%で調達した3年間の資金でイタリア3年国債を買えば、現在でも3.808-1.000=2.808%となり、3%近くの利ざやを稼げる。欧州の銀行が3年物資金供給オペで調達した資金で、イタリアやスペインの国債を買うのは納得できる。これらの国債の利回りが上がるとECBが買ってくるし、危なくなればECBがいくらでも資金を供給するというのが銀行勢の読みである。

2回目の3年物の資金供給オペが2月29日に予定されている。ドラギECB総裁は「前回より入札は少なくなる」と予想しているが、海外の新聞の観測記事では「入札は1兆ユーロ規模」という噂もある。米国のQE1は1年半、QE2は8カ月だったが、「欧州版QE1」は3年だ。いずれにせよ、ECBは言っていることとは逆に、ジャブジャブの金融緩和に進んでいる。

ECBのポートフォリオ 2月末にさらに拡大


(出所:石原順)

欧州危機は簡単に言うと「国債売り」という現象であったが、ECBの3年物資金供給オペという「欧州版QE1」によって、投機筋の国債売りは大きく後退している。昨年12月21日のECBの大盤振る舞いはユーロ圏の国債パニックを和らげるのに大きく貢献しているといえよう。

欧州危機が深刻化するのか、あるいは沈静化するのか、今年の前半が正念場だ。ただ、欧州危機の動向とは関係なく、ユーロの上値は限定的なものとなるだろう。昨今の通貨相場はマネーの量が大きく相場に影響する。米国のQE3観測もあるのでややこしいが、事実上の量的緩和政策に踏み出したECBのポートフォリオの拡大傾向から考えて、欧州の株は上がっても、基本的にユーロの下落傾向は続くと思われる。

現在、ユーロ/ドル相場は基本的に買い戻し相場が継続している。投機筋の売りポジションの買い戻しを狙った短期筋がドタバタ動いている感じだが、IMMのユーロ売りポジションがもう少し減るか、ユーロは大幅に売られないと、まだ踏み上げのリスクが残っている。13-21日移動平均バンド(水色)の上に相場がある限りは、ユーロ下落再開とはならないだろう。

ユーロ/ドル(日足) 13-21日移動平均バンド(水色)とフィボナッチの抵抗

ショートカバーでどこまで戻せるか?


(出所:石原順)

IMM(シカゴ)のユーロポジション


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください欧州版QE1は3年、月末にECBは2回目の大盤振る舞いへ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

欧州版QE1は3年、月末にECBは2回目の大盤振る舞いへ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。