facebook twitter
現在はドルリバウンドの時間帯?
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

現在はドルリバウンドの時間帯?

2011/6/17
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

6月7日、世界最大の通貨ファンド(運用資産85億ドル)として知られるFXコンセプツのジョン・テイラー氏は「アメリカの減速と金利格差を材料にしたドル売りは数日中に終わる。近くドル買いポジションをとる意向だ」とブルームバーグのインタビューに答えた。FXコンセプツは現在、ユーロ/ドルとユーロ/円でユーロ売りを行っているという。

日本の新聞や雑誌などでは相変わらずドル弱気の論調が多いが、海外の運用者の間では、「QE2終了のドル高」「不景気のドル高」「ドルキャリー取引の巻き戻し」などドル高観測も多い。ドルインデックスをみれば明確にわかるが、目先の相場はジョン・テイラー氏の予測通りのドル高展開となっている。

ドルインデックス(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

今年は3月のドル反転に失敗したので、年央まではドル安となる可能性が高いことをこれまでレポート等で述べてきた。現時点での筆者の相場予測は「ドル弱気パターン」を想定しているが、重要なことはドル強気・弱気のいずれのパターンであっても、6~7月の時間帯はドル高になりやすいというバイアスが存在することだ。

「ドル弱気相場」の基本パターン


(出所:石原順)

ドル安相場の仕手通貨(逃避通貨)としてドル安を先導してきたスイスフランも、6月に入って買いトレンドがピークアウトしている。ユーロは7月のギリシャ国債の償還まではユーロ売り相場を仕掛けようという機運が投機筋の間で盛り上がっており、ユーロ圏の利上げと連動する原油相場が軟調なことから、目先は軟調な相場が続くと思われる。

ドル/スイス(日足)スイス高もピークアウト?

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

原油先物(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド0.6σ(緑)


(出所:石原順)

3月のトリシェ・ショック以降のユーロ/ドル相場は、金利差(利上げ観測)相場とソブリンリスクの混在する相場となっている。不安心理を煽るタイプの相場というのは、投げと踏みの応酬となりやすい。ユーロ/ドルの日足ベースの相場ではボラティリティ(変動率)が上がっているだけで、美しいトレンドは発生していない。ユーロ売り相場に参戦するなら、このところ標準偏差ボラティリティやADXの波形が安定している1時間足のほうがよいだろう。

ユーロ/ドル(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ユーロ/ドル(1時間足)

上段:14時間ADX(赤)・26時間標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21時間ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ドル反騰機運相場の中で、79円50銭割れを危惧されたドル/円も、81円レベルまでリバウンドを見せている。ドル/円は82円50銭~79円を抜けない限りはレンジ相場である。ドル/円は神経質で緊張感のあるユーロ/ドルの取引と比べると凪相場で、変動幅の20日平均である20日ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)もオプション・ボラティリティも低下傾向にあり、現在は押し目買いがワークしやすい環境にある。筆者は20日ATRが低下中はドル/円の押し目買いを続けるつもりだ。

ドル/円(日足)ボラティリティの低下とレンジ相場

上段:オプション・ボラティリティ(赤)
下段:20日ATR(青)


(出所:石原順)

先週のレポートで取り上げた豪ドル/円は、20日ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)が依然として低下傾向にあり、押し目買いが有効な環境が整っている。(ATRが上昇すると同時に豪ドル/円相場が下がりだしたときは、急落に注意しなければならない)直近の相場は、21日移動平均線から21日ボリンジャーバンド-2σのレンジでの横這いとなっている。ATRの低下傾向が続くうちは、押し目買い戦略を継続したい。

豪ドル/円(日足)

上段:21日ボリンジャーバンド(1σ・2σ・3σ)
下段:20日ATR


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください現在はドルリバウンドの時間帯?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

現在はドルリバウンドの時間帯?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。