お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ファンドの中間決算売りで相場が大変動
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

ファンドの中間決算売りで相場が大変動

2011/5/6
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

楽天FXの「楽天 FX '11 ゴールデンウィーク特集」に、「5月相場はファンドの中間決算に絡むポジションの解消、つまり“手仕舞い”相場となる傾向があります」と書いてある。このファンドの中間決算に向けての手仕舞いが5月に入っていきなり出てきた。

異変はまず商品(コモディティ)市場で起こった。5月2日からファンドの売りが散見されていたようだが、CMEが銀先物の証拠金引き上げを発表すると、商品バブルの象徴であるシルバー(銀)先物が急落した。5月4日には米WSJが「著名投資家のジョージ・ソロス氏のヘッジファンドや、ジョン・バーバンク氏の投資会社を含む主要な市場参加者が銀を売却している」と報じたことから売りに拍車がかかった。

シルバー先物(日足)の急落

上段:14 日ADX(赤)・26 日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21 日ボリンジャーバンド0.6σ(緑)


(出所:石原順)

原油先物(日足)

上段:14 日ADX(赤)・26 日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21 日ボリンジャーバンド0.6σ(緑)


(出所:石原順)

昨年5月6日に短時間でNYダウが1,000ドル安したトラウマから、市場に不安心理が拡がり、「Sell in May and go away(5月に売り抜けろ)」というファンドの手仕舞い合戦となってしまった。

記憶に新しい2010年5月6日のNYダウの急落と豪ドル/円相場


(出所:石原順)

NYダウ(月足)と5月のNYダウの動き(ローソク足=赤) 5月は急落が多い


(出所:石原順)

過剰流動性相場では「株高・商品高・ドル安」という3つのバブルのうち、ひとつでもおかしくなると「全部売り」になる可能性が高い。そういった構造からは現在のドル安も、ドルキャリートレードの巻き戻しによってドル高転換がありうることは注意すべきだ。5月中間決算となっているファンドが多い中で、株式・商品の利食いや手仕舞いやドルキャリートレードの手仕舞いもまだ出てくるはずである。もう一段の「株安・商品安・ドル高」に振れる可能性も小さくはない。

ファンドの中間決算に伴うリスク資産の巻き戻しで、通貨市場は円高・ドル高に振れている。ファンドの手仕舞いという決算事情によって、ドルインデックス・ドル/スイス・ユーロ/ドルの日足ベースのドル安トレンドが消滅している。

ドルインデックス先物(日足)

上段:14 日ADX(赤)・26 日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21 日ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ユーロ/ドル(日足)

上段:14 日ADX(赤)・26 日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21 日ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ドル/スイス(日足)

上段:14 日ADX(赤)・26 日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21 日ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

問題は円相場である。ドル/円は2番底パターンで80円を割ってしまったが、既に直近上げ幅の61.8%押し水準を割り込んでいる。筆者のアナログモデル(パターン分析)では、現在のドル/円の推移は1995年・2007年・2008年のある時期の相場と似ているが、ドル/円は直近上げ幅の7割程度の押しを入れて底を付けるパターンも多い。

1995年の協調介入後のドル/円相場


(出所:石原順)

ドル/円(日足)2008年11月の相場パターン


(出所:石原順)

ドル/円(日足)2007年9月の相場パターン


(出所:石原順)

ドル/円(日足)の支持線と投機筋のターゲット?


(出所:石原順)

今回の円相場がどのようなパターンとなるか定かではないが、ドル強気・ドル弱気のどちらのパターンとなろうと、6月~8月期はドルの戻り高値となりやすい歴史的な循環がある。特に豪ドル/円などのクロス円相場は、「ボーナス月の円安」という明確な傾向を持っているので、5月中の円高局面は逆張りの好機とみている。

過去10年間のドル/円・豪ドル/円星取表

ドル/円 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
○円安 6 5 4 5 4 7 8 2 6 6 4 5
●円高 4 5 6 5 6 3 2 8 4 4 6 5
豪ドル/円 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
○円安 7 6 3 6 6 8 5 2 6 7 7 8
●円高 3 4 7 4 4 2 5 8 4 3 3 2

豪ドル/円(左)とポンド/円(右)の支持線


(出所:石原順)

カナダ/円(左)とユーロ/円(右)の支持線


(出所:石原順)

「楽天 FX '11 ゴールデンウィーク特集」の「ゴールデンウィーク相場の特徴は、東京市場の流動性低下によって、「相場が一方通行に動くか、乱高下する」傾向があるということです。この期間の売買は「前日の相場の高値・安値」のブレイクに注目しながら、順張りの短期取引を行うのが有効かと思われます」という戦術は、ボラティリティ上昇相場の中で今年もまずまず有効であった。それは「まぐれ」に過ぎないが、相場は確率に賭けるゲームなのである。

豪ドル/円(日足)前日の高値・安値ブレイクパターン

前日の安値を切ったら売り、高値を抜いたら買い


(出所:石原順)

豪ドル/円(1時間足)

上段:14 日ADX(赤)・26 日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21 日ボリンジャーバンド1σ(紫)・13時間移動平均0.8%乖離(金)


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいファンドの中間決算売りで相場が大変動

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ファンドの中間決算売りで相場が大変動

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。