facebook twitter
ドル高とコモディティ安
石原 順
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

ドル高とコモディティ安

2008/5/2
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

FRBは4月30日のFOMCの定例会合を開き、政策金利を0.25ポイント引き下げた。今回の声明では利下げ休止を示唆する文言への変更や政策金利据え置きが望ましいと考えた2人の理事が利下げに反対票を投じた。声明後に「経済状況は引き続き弱い」との文言に反応しドルが売られたものの、投機筋のポジション調整の域を出るものではない。FF金利先物市場の動向や2人の理事の反対を考慮すると、声明は玉虫色ながらいったんは金融政策の緩和局面は終焉を迎えた可能性が高いと思われる。

5月1日に米USDAのチーフエコノミストJOE GLAUBERが食糧価格高についての米議会合同経済委員会によるヒアリングにて証言したが、2008年はインフレ5%増を予想している。国連の調査によると、3月末の世界の食糧価格は前年比57%上昇を記録しているが、この価格高騰が33カ国にて内政不安、紛争につながる可能性があると世銀が警告を発した。この日のNY市場ではドル高でドル建てのコモディティの売りが活発化し、原油2.5%安、砂糖4.5%安、ゴールドが1.5%安、となっている。(5月2日0時14分現在)

ドル高進行を背景にドル建てのコモディティが大幅安した事実が物語っているように、現在のインフレはドルを上げない限り(それが政治的に可能か否かは別として)収まらないのである。現在、先進国の景気は世界中どこも悪い。ユーロ圏の金利が下がらないのも景気が過熱しているからではなく、国際商品価格高騰によるインフレ懸念がその要因であろう。

ワシントンG7を契機に相場が反転しているのは、やはりインフレが放置できない水準まで達しているからであろう。このような背景を考えると、これ以上のドル安進行は世界的なスタグフレーションを招くだけである。すでにユーロ圏の要人からそのような指摘もでている。

ドルの戻しの指標として筆者の注目しているユーロ/ドルは5月1日のNY市場で1.5430まで下落、ドル/スイスは1.0509まで上昇した。1 日の市場では不動産市場の「王様」SAM ZELLが「機関投資家MBS市場に回帰傾向にある」「大手保険、年金ファンドなどはライアビリティーをカバーするため、最低6%のリターンが必要である」「大恐慌がない限り、一等商用物件が問題になることは無い」「海外投資家による米国商用不動産市場投資が、反ブッシュ政権感情を差し置いて投資機会・好機を逃さず市場環境を支持している」とコメントしているが、昨年7月にクレジットクランチが始まって以来はじめて、米国債市場に逃避していた投資資金が、商用MBS市場にシフトを開始しているようだ。

バーナンキFRB議長の迅速で大幅な利下げや流動性の供給により、世界の金融市場はシステマチックな危機をとりあえず回避した。ただし、クレジット問題の解決には時間を要するだろう。信用収縮が実体経済に波及してくるのはこれからである。Q1米住宅フォークロージャー手続き件数が前年比112%となっているように(REALTYTRAC調査)、住宅市場の急激な落ち込みは続いている。それでも目先は戻し減税の小切手(最大1,200ドル)の発送がおこなわれており、米税金リベート消費で4-6期の個人消費を押し上げるだろう。

そうなると、いましばらく売られすぎたドル安の修正が起こっても不思議ではない。仮に5月2日の雇用統計でドルが売られたとしても、3月のような急激なドル安リスクは考えにくい。3ヵ月周期のドルの底が到来するのはもう少し先で、まだドルの押し目買いに分があるような気がするのだが・・。

ユーロ/ドル(月足) ユーロは2005年の底から2008年4月まで27ヵ月の上昇


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ユーロ/ドル(日足)標準偏差ボラティリティと売買シグナル[買い=緑・売り=赤]


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ドル/スイス(日足)標準偏差ボラティリティと売買シグナル[買い=緑・売り=赤]


(出所:石原順、ブルームバーグ)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいドル高とコモディティ安

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ドル高とコモディティ安

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。