※モトリーフール米国本社、2021年8月26日投稿記事より

ポイント

  • 再生可能エネルギーが注目を浴びているが、だからといって石油やガスがすぐに姿を消すことはない。
  • シェブロンは上流から下流事業までを統合する石油メジャー企業で、新型コロナウイルスのパンデミックや石油価格の低迷を乗り切るだけの財務力を保有しています。
  • 石油価格の回復により利益は改善している。シェブロンに対する好材料を考えると、同銘柄は現在割安だと考えられる。

 過去数百年にわたり、化石燃料はエネルギー産業を牽引してきました。

 石油メジャーのシェブロン(NYSE:CVX)は、世界最大規模の石油企業です。

 近年では風力や太陽光エネルギーといった再生可能エネルギーが台頭しつつありますが、それでもなお、本稿執筆者がシェブロンに注目する理由を3つ紹介します。

再生可能エネルギーが注目されるが、石油がすぐに姿を消すことはない

 石油企業は長期にわたり繁栄してきましたが、着実に変化しつつあります。

 気候変動により、よりクリーンなエネルギー源が求められるようになりました。

 風力や太陽光などの再生可能エネルギーは登場して久しいものの、高コストのために普及は限定的でした。

 しかしテクノロジーが向上し、再生可能エネルギーはコスト削減を実現しています。

 米国立再生可能エネルギー研究所によると、化石燃料エネルギーのコストは5セント〜17セント/キロワット時なのに対し、再生可能エネルギーは3セント〜6セント/キロワット時にまで低下しています。

 現在、再生可能エネルギーは急速に成長しつつあり、米国などでは、新規エネルギープロジェクトの大半は風力発電や太陽光発電が占めています。

 しかし、石油やガスがすぐに姿を消すことはありません。

 米エネルギー情報局によると、2040年までに最も減少するエネルギー源は石炭です。

 天然ガスは引き続きエネルギー生産において重要な役割を果たすと予想され、石油は電気自動車の普及次第だと考えられています。

 少なくとも今後10年以上は石油とガスの需要があると考えられます。