※モトリーフール米国本社、2021年3月18日投稿記事より

 ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の事業は1965年以来、年平均20%のリターンを上げてきました。

 以下、ポートフォリオの中で引き続き大幅なリターンを生み出す可能性のある銘柄を3つ取り上げます。

ダヴィータ・ヘルスケア・パートナーズ

 ダヴィータ(NYSE:DVA)は人工透析サービスを提供しています。

 メディケア(高齢者向け公的医療保険)では、人工透析を必要とする末期腎不全(ESRD)の米国人が年齢に関係なく保険対象とされていることも、同社にプラス材料となっています。

 同社の市場シェアは約37%と、同業フレゼニウス(NYSE:FMS)の35%を上回っています。

 だたし、マイナス材料もあります。カリフォルニア州などでは、議会法案290号によって透析医療機関に対する第三者機関の医療費還付率が制限されています。

 裁判所は今のところ、この法案の実施を阻止していますが、特にカリフォルニア州のような大きな州では、こうした措置がダヴィータの収益を圧迫する恐れがあります。

 また、人工透析を必要としない治療法の開発もダヴィータの収益源を脅かすことになります。

 さらに、同社は新型コロナ検査で陽性と判定された患者を隔離するため、透析の時間や場所を変更したり、自宅での透析を提供する必要に迫られました。

 こうした問題にもかかわらず、売上高は1%強増加しました。

 一方、純利益は約3%減少しましたが、2019年の一時的な特別利益を除けば、10%近く増加していたはずです。

 株価は過去12カ月間で約50%上昇しています。

 これに伴いPERは1年前の14倍から17倍に上昇しており、同業フレゼニウスの16倍をやや上回りますが、ダヴィータの投資テーマに影響するほどではありません。

 同社が事業を維持し、フレゼニウスを上回る業績を上げる限り、バフェット氏やバフェット氏の追随者に貢献し続けるはずです。