※モトリーフール米国本社、2020年8月16日投稿記事より。

 急落しているグロース株を探している場合は、テラドック・ヘルス(NYSE:TDOC)に注目することをおすすめします。

 遠隔医療分野のリーダーであるテラドックの株価は、年初来から3倍近くも上昇しました。

 その後、テラドックはリボンゴ・ヘルス(NASDAQ:LVGO)を買収する計画を発表し、株価は20%以上急落しました。

 しかし、多くの投資家はテラドックとリボンゴの合併に賛成していないようです。

合併の影響

 リボンゴの株主は、所有するリボンゴ1株につき、テラドック0.592株と現金11.33ドルを受け取ります。

 これがテラドックに短期的に与える影響は2つあります。

 まず、既存の株式価値を希薄化します。

 テラドックは5,800万を超える新株を発行することになり、テラドックの発行済み株数を70%以上も増やすことになります。

 また、テラドックは現金11億2000万ドルを支払う必要があります。

 しかし、長期的には、リボンゴとの合併により、テラドックのビジネスは劇的に拡大します。

 リボンゴの慢性疾患管理プラットフォームは、フォーチュン500企業の30%以上ですでに使用されています。

 テラドックの遠隔医療プラットフォームとリボンゴのプラットフォームの組み合わせが、より完璧な遠隔医療を提供できると考えます。

 合併後、「新しい」テラドックは年間売上高10億ドルを生み出します。

 また、今後3年で年間40%の売上高拡大を見込むことができます。