※モトリーフール米国本社、2020年8月10日投稿記事より。

 新型コロナウイルスは米国経済、そして規模の大小を問わず米国企業に影響を及ぼしています。

 消費者が以前よりショッピングや外食に出掛けなくなったことで、企業側では人員削減が進められ、米国の失業率は10%を超えました。

 そんな状況下でも、一部のハイテク株は成長を続けています。

 ここでは、リモートワークや外出自粛の追い風を受けて製品やサービスへの需要が伸びている3銘柄を紹介します(株価および株価指標等は執筆時点)。

1. アップル

 安定した大企業は優良な長期投資を行えるだけでなく、経済が不透明な状況下で自らが優良な投資先になり得ると証明している企業の一つが、アップル(NASDAQ:AAPL)です。

 2020年度第3四半期(4~6月)はコロナ禍中にありながら11%の増収と18%の増益を達成しました。

 売上高は597億ドル、1株当たり利益(EPS)は2.58ドルと、いずれもアナリストのコンセンサス予想(それぞれ523億ドルと2.07ドル)を大幅に上回りました。

 とりわけサービス部門とウェアラブル・ホーム・アクセサリー部門が大きく伸び、それぞれ15%と16.7%の増収率を記録しています。

 この数カ月、投資家は不透明な時期を乗り越えられる企業を求めており、1,940億ドルのキャッシュ、忠誠度の高い顧客層、充実度を高める各種サービスを誇る同社には注目が集まっています。

 株価は今年に入って54%、過去12カ月では130%上昇しています。