FXのメリット、デメリットは?

1:利益・為替差益が狙える

 FXは、「買(ASK)」っ放し、「売(BID)」っ放しでは、為替差益を得ることはできません(スワップポイントは得られる場合があります。詳しくは次項の「2:利益・スワップポイントが付く」で解説しています)。

 取引している通貨ペアを決済することで、利益が得られます。

2:利益・スワップポイントが付く

 FXで利益を出すもう一つの方法として、スワップポイントと呼ばれる2国間の金利差から生じる金利(金利差調整分)を狙う取引があります。スワップポイントを得るための鉄則は高金利通貨を買い、低金利通貨の売りを出すこと。

 日本は2001年から断続的にゼロ金利政策、マイナス金利政策が取られているため、円が絡んだ通貨ペアの金利のほうが高く、例えば米ドル(米ドル/円)を買えば毎日スワップポイントが得られます。

 その逆に、円高見通しのあるときに米ドル/円を売って保有する(高金利通貨を売って低金利通貨を保有する)と、スワップポイントを支払うことになるので注意が必要です。

3:スプレッドが狭い

 為替の売り値と買い値には値幅があり、「スプレッド」と言います。これがFX取引で負担する唯一のコストになります。

 外貨預金の場合、金融機関によりますが、米ドル/円で1円から50銭かかります。一方FXの場合、米ドル/円のスプレッドは1通貨当たり0.3~1銭と低く設定されています。

  関連記事≫≫FXでかかるコストはどれくらい?