お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日経平均はいつピークをつけるか? 景気循環から考える
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

日経平均はいつピークをつけるか? 景気循環から考える

2017/11/15
・日経平均はしばらくスピード調整が続く見込み
・日経平均は、景気変動に半年から1年、先行して動くことが多い
・資源安メリットの発現で好調な世界景気
・日本および世界景気はいつまで好調か?
facebook twitter

日経平均はしばらくスピード調整が続く見込み

 9月後半から勢いよく上げてきた日経平均ですが、上昇ピッチが速すぎたため、しばらくスピード調整が続きそうです。ただし、景気・企業業績が好調で、日経平均のPER(株価収益率)が15倍を割れるところまで低下していることから、私は、押し目買いのタイミングをはかりたいと考えています。

 ただし、これには前提条件があります。今年、景気が良いだけではなく、来年も景気が良いことが前提です。株価には先見性があり、景気より、半年から1年先行して動くことが多いからです。これから日経平均が織り込むのは、今の景気ではなく、今から半年、あるいは1年後の景気と考えた方が良いと思います。

 

日経平均は、景気変動に半年から1年、先行して動くことが多い

 日経平均は、景気循環より先に動きます。過去の経験則では、景気がピークアウトする半年から1年前に、ピークアウトしています。ということは、来年の5月―11月あたりに、景気がピークアウトするならば、日経平均は今が売り場ということになります。

 それでは、近年の、日経平均の動きを、景気循環と比較してみましょう。

日経平均と景気循環:1999年1月~2017年11月(14日まで)

出所:楽天証券経済研究所が作成

 上のグラフには、内閣府の判断に基づく景気のピーク(天井)と、ボトム(底)を書き込んでいます(日経平均の変動に大きな影響を与えたもののみ選別)。ご覧いただくとわかる通り、日経平均は、景気がピークアウトする半年から1年前にピークアウトすることが多いと言えます。

 日経平均は1999年、景気が回復する中、大きく上昇しました。この時の上昇相場は、「ITバブル相場」と呼ばれます。景気は2000年10月にピークをつけ、2001年は世界的な「ITバブル崩壊不況」に入りますが、日経平均(およびIT関連株)は、ITバブルが崩壊する半年以上前の2000年3月にピークアウトしています。

 2008年には、リーマンショックと呼ばれる世界不況がありました。日本の景気は、2008年2月にピークアウトしていますが、日経平均は、それより8カ月も早い2007年6月にピークアウトしています。このように、日経平均は、景気循環よりも半年から1年、先に動くことが多いと言えます。

 ただし、景気と日経平均が、同時に転換した例もあります。2012年11月がそうです。2012年は、民主党政権下で、景気後退期となりましたが、2012年11月には、当時の民主党野田首相が、解散総選挙の実施を決定しました。

 2012年12月の解散総選挙で、自民党が勝利し、景気浮揚策をとることがほぼ確実と考えられていたことから、日経平均は、11月から急騰を始めました。市場予想通り、自民党が勝利し、景気も11月を底に回復に向かいました。

 

資源安メリットの発現で好調な世界景気

 現在、米国・中国・欧州・東南アジアなど、世界同時に景気が回復してきています。その原動力は、資源安メリットの発現と考えています。

WTI原油先物(期近)の推移:2000年1月~2017年11月(15日まで)

出所:楽天証券経済研究所が作成

 原油など資源価格の急騰・急落は世界景気に大きな影響を与えます。2000年から2007年まで資源価格が急騰した影響で、2008年にはリーマンショックと呼ばれる世界不況がありました。リーマンショックは、北米住宅バブル崩壊による金融危機と、世界的なインフレ高進による消費縮小が同時に起こり、急激な世界景気の悪化につながりました。

 今は、原油など資源価格が急落した効果が、世界景気を押し上げる段階と見ています。2016年初頭は、資源安ショックで、世界景気が悪化しました。今は、資源安ショックが一巡し、世界経済が資源安のメリットを享受できるようになりました。

 

日本および世界景気はいつまで好調か?

 今、日本の景気が好調なのは、世界景気好調の恩恵を受けているからです。世界景気が悪化すれば、日本の景気も悪化することが避けられません。私は、資源安メリット発現による世界景気の回復は、来年も続くと考えています。

 ただし、忘れてはならないことは、景気は循環するということです。永遠に世界景気が良いはずはありません。いつか必ず、世界景気が不調になるタイミングが来るはずです。

 私は、2019年のどこかで、世界景気は失速すると考えています。日本では、2019年10月に消費税の引き上げ(8%→10%)が予定されていますので、日本も2019年の終盤には景気が悪化すると考えています。

 日経平均は、景気がピークアウトする1年くらい前にピークアウトすると仮定すると、2018年の途中に天井をつけることになります。現在、日経平均はスピード調整中ですが、まだ上昇相場が終ったとは考えていません。今は、押し目買いのタイミングをはかりたいと考えています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

人気記事ランキングTOP
日経平均 上か下か 年末相場どっち?
初心者のためのお金の話
失敗しないための 株主優待の買い方・売り方
トウシル TOP

 


 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均はいつピークをつけるか? 景気循環から考える

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均はいつピークをつけるか? 景気循環から考える

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
×

トウシル メールマガジン および SNSについて

メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。

メールマガジン サンプル

メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。