お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
相場パターンに異変?
石原 順
外為市場アウトルック
リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることにな…

相場パターンに異変?

2011/4/14
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

ノーマルパターンのドルの循環(季節性)は、3月~8月までがドルの高値が出現しやすい時期である。今年もドルや米長期金利は3月半ばに一度反転に向かったが、ドル上昇軌道には乗れずに反落し、現在はドルインデックスに売りトレンドが発生している。

ドルインデックス安といっても、ユーロとスイス以外は元々あまり連動性がない。ポンド・円・豪ドルなど、通貨によってまちまちの動きとなっている。この先、ドルを大きく動かす材料として4月27日のFOMC、5月6日の雇用統計が控えているが、大きなドル売りの動きとなるかどうかは、もう少し様子を観てみないとわからない。

いずれにせよ、上がるべき循環期に上がらなかった相場は、今度は反対方向へ大きなエネルギーを持つ傾向があり、4月後半から5月に向けてのドル安には注意が必要となろう。

ドルインデックス先物(日足)

上段:14週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ドル相場のもう一つのシナリオ(ドル弱気パターン)


(出所:石原順)

ユーロ/ドル(日足)

上段:14週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

豪ドル/ドル(日足)

上段:14週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ポンド/ドル(日足)

上段:14週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ドル/円相場は2007年高値からの長期抵抗線の攻防となっていたが、2010年高値から2011年3月の下げ幅の半値戻しを達成したことで動きが一服し、現在は直近の上げ幅の23.6%押しレベルまでドル安となっている。

強いドル高トレンドの後の日柄調整の局面を迎えているが、83円50銭以下には断続的に大口のストップロス注文が並んでいるとの観測もあり、ドル/円は下値警戒が必要だ。76円で当面の底をつけた円相場は中期的に90円の方向に向けて動くと思われるが、目先はドルインデックスベースのドル安に引っ張られて上値は限定的となるだろう。

ドル/円(日足) 長期トレンドラインの攻防


(出所:石原順)

ドル/円(日足)フィボナッチ・リトーレースメントによる押し目の目処


(出所:石原順)

先週のレポートでは、「問題は標準偏差ボラティリティが高い位置から十分な調整を入れずに、さらに上昇していることだ。筆者の相場経験から言えば、こういった標準偏差ボラティリティの波形が出現すると相場は暴走するが、一旦相場が止まると大きな乱高下が起こりやすい」と経験則を述べたが、今週はこの懸念が的中し、大幅な往来相場が展開されている。

ここでの教訓は、トレンドが発生していてもボラティリティレベルが高い時は、相場が荒れ模様となりやすい。様子見なりポジションを縮小するなり、なんらかの防御が必要だということだ。

豪ドル/円(日足)ボラティリティレベルが高いままトレンドが発生(水色の部分)

上段:14週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ポンド/円(日足)ボラティリティレベルが高いままトレンドが発生(水色の部分)

上段:14週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

ドル/円(日足)ボラティリティレベルが高いままトレンドが発生(水色の部分)

上段:14週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください相場パターンに異変?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

相場パターンに異変?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。