facebook twitter
時というものの機能
石原 順
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

時というものの機能

2011/3/14
数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍する石原順氏による外国為替市場レポート「外為市場アウトルック」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

東北地方太平洋沖地震の被害にあわれました皆様へ
被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

11日に発生した東日本巨大地震を受けて、本日朝方の相場は日経平均が500円超の下げ、NYダウ先物90ドル超の下げとなっている。為替市場は11日の大地震の後、円高に振れていたが、14日の朝方に1時間足の変動の限界といわれる13時間移動平均-0.8%乖離水準を突破したあとは、10時の仲値時間にかけて急速に戻している。

ドル/円(1時間足)

上段:14時間ADX(赤)・21時間標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13時間移動平均0.8%乖離(1時間足の変動の限界といわれるバンド=金色)

1995年の阪神大震災の後、リパトリ(海外資産を売却し円送金を増やす)によって円が79円台まで急上昇した連想から、市場は円高に反応したようだ。リスクモデリング会社の予想では今回の地震による保険対象損失(津波を除く)は2.85兆円に達すると報道されている。

ドル/円(日足) 阪神・淡路大震災後の円相場の推移


(出所:石原順)

海外投機筋からは「円相場が70円台半ばまで進む」という声も聞かれるが、円高→株安の流れは日本の景気の悪化を招くため、80円近辺まで円高が進めば、政府・日銀は為替介入に踏み切る可能性があるだろう。阪神・淡路大震災の時は数ヶ月間円高が続いた後、数カ月かけて元の水準まで戻るという「いってこい」の展開となったが、当面の円相場は相当ランダムでボラタイルな展開を想定しておく必要があるだろう。

円が急騰しようが、株が急落しようが日本経済はビクともしない。恐いのは財政不安から日本経済の命綱である日本国債が売られることである。現在は円高に振れているが、日本国債の格下げやCDSの保証料の上昇は円安材料であり注意が必要だ。とにかくこの局面は予測を放棄して相場についていくことと、ストップ・ロス注文をかならず置いて資産保全を図るということを徹底したい。

日本10年国債先物(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σ(緑)


(出所:石原順)

海外情勢に目を転じると、3月11日(怒りの日)に注目されていたサウジアラビアの大規模な民主化要求デモ計画は、サウジアラビア当局が治安部隊を導入したため、首都リヤドやシーア派が多い東部でも心配されていたような混乱は起きなかった。これを受けて、週末の米国株は反発しいったん不安は後退している。

VIX恐怖指数(日足)


(出所:石原順)

今回のような過去に経験したことのない状況ではとりあえず事態を見守るしかないが、パニックに陥らず落ち着いて行動したい。東日本巨大地震という酷い災害を目の当たりにして、つくづく経済や株式市場は平和の配当なのだと思う。東日本巨大地震は我々の価値観や意識を根底から覆した。3月11日以前と以降で世界が変わってしまった気がする。しかし、愉快な時も悲しいときも、日々出来ることを淡々とやっていくしかない。きっと、「時」が全てを解決してくれるだろう。

「ぼくが、持っているものといえば、循環を感じとる能力だけだ。ぼくが考えるのだが、ものごとはなのごとによらず多かれすくなかれ、循環している。いろんなことが、周期をもって、起こってくる。だからその周期が自分にとってもっとも不利になっていくことがたとえあっても、大局的には平衡がとれていて、これが、時というものの機能なのだと思う」(ジェリー・ガルシア)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください時というものの機能

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

時というものの機能

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。