★★投資のスキルアップ応援キャンペーン対象記事です。詳細はこちら★★

 FIREという新しいライフスタイルに憧れはするものの、今の暮らしに慣れてしまい、現実的なイメージがわかない人も多いのではないかと思います。

 そこで、世間によくありがちな、25歳シングル、30歳既婚子供なし、35歳既婚子供ありの、3人の人物像を設定。FIRE後から老後まで、資金不足にならずにやっていけるのかを、ファイナンシャルプランナーの横田健一さんに試算してもらいました。

 FIREした後、ぜいたく三昧で暮らせば、あっという間に資金が尽きてしまいます。今回は、あくまでも現時点での生活水準をベースにして、「自由な生き方を模索する」ということを意識して、試算していただきました。

 どのようにライフプランを組めば、より長く、より不安なく、FIRE後の生活を送ることができるのかが、よく分かるシミュレーションとなっています。無理しすぎることなく、実現できるFIRE方法と、FIRE後、安心して暮らす資金プランニングをなぞってみてください。夢をかなえた後の生活費、収入、暮らし方などが、よりリアルに見えてくるはずです。

▼試算してくれた人
株式会社ウェルスペント 横田健一さん
ファイナンシャルプランナー。大手証券会社にてデリバティブ商品の開発やトレーディング、フィンテックの企画・調査などを経験後、2018年1月に独立。「フツーの人にフツーの資産形成を!」というコンセプトで情報サイト「資産形成ハンドブック」を運営。YouTube「資産形成ハンドブック」 も人気上昇中。

 横田さんより補足

4:結婚などのライフイベントや、大きなケガ、病気などはない、という仮定で試算しています。人生の途中で大きなイベントや方向転換があった場合、その時点で、変わった条件に合わせてシミュレーションをし直すことが必要なため、いったんはスタート時の条件で試算しています。

5:年収・支出は固定としていますが、年収が上がるにつれ、支出も増える可能性が高く、どれくらい支出がアップするかは環境や個人的趣向により変わるため、いったん今回は、収入・支出ともに将来も一定という仮定で試算しました。実際、私が相談者のシミュレーションを行う際も、その時点での収入・支出額で、固定して試算することが多いです。

※実際の人生はそんなにシンプルなものではありませんが、あくまでシミュレーションのためということでご理解いただければと思います。

Aさん

年齢25歳

B夫妻

年齢:30歳

C一家

年齢:35歳

家族:シングル
現在の仕事:国内メーカー中小企業の営業職
現在の手取り年収:248万円
現在の年間生活費:211万円
現在の金融資産:銀行預金150万円

 

家族:既婚
現在の仕事:ダブルインカム
夫は公務員、妻は看護師
現在の手取り年収:691万円
(夫375万円+妻316万円)
現在の年間生活費:480万円
現在の金融資産:銀行預金600万円

B夫妻のシミュレーションを見る!>>

家族:既婚、子供あり(5歳)
現在の仕事:夫は金融機関
勤務、妻は専業主婦
現在の手取り年収:447万円
現在の年間生活費:360万円
現在の金融資産: 銀行預金700万円

C一家のシミュレーションを見る!>>

●社会人3年目、中小企業で働くAさんの場合

Aさん

年齢25歳
家族:シングル
現在の仕事:国内メーカー中小企業の営業職
現在の手取り年収:248万円
現在の年間生活費:211万円
現在の金融資産:銀行預金150万円

 このAさんが、「トウシル版・FIRE3タイプを分析。HappyになれるFIRE型はどれ?」で分類した「リッチ型」、「サイド型」、「節約型」それぞれのFIREを目指す場合、どのように実践していけばよいのかシミュレーションしてみます。

 では、計算してみましょう。