※モトリーフール米国本社、2020年11月5日投稿記事より

 大統領選挙では勝者と敗者が生まれますが、株価も選挙結果に基づいて上下することがあります。

 この記事では、選挙日以降、急騰した3銘柄をご紹介します。

大きく上昇した3つの銘柄と共通点

 シグナ(NYSE:CI)の株価は、4日の米国大統領選挙投票日に続いて、5日に15%近く上昇しました。

 またアンセム(NYSE:ANTM)ユナイテッド・ヘルス・グループ(NYSE:UNH)も、それぞれ12%と10%上昇しました。

 これらの3銘柄で共通しているのは、全て大手健康保険会社であるということです。

 記事執筆時点では、大統領選挙の勝者はまだ決まっていませんが、下院は民主党が維持し、上院は共和党が維持する公算になりそうです。

 しかし、元副大統領のジョー・バイデン氏は選挙人団で首位を主張しています。

 これが健康保険会社にとって良いニュースであるのはなぜでしょうか。

 一つは、分断された政府は健康保険会社に悪影響を与える可能性を低くします。

もう一つは、バイデン氏が大統領になれば、オバマケアを強化する可能性が高く、メディケイド事業を行う健康保険会社に成長機会をもたらすことになるからです。