※モトリーフール米国本社、2020年9月23日投稿記事より

 9月16日に新規株式公開(IPO)をしたスノーフレーク(NYSE:SNOW)はその大きな期待に応え、当初75ドルを予定した公開価格は120ドルとなり、初値はその2倍以上となりました。

 クラウドベースのデータ管理システムを提供する同社には多くの魅力がありますが、最終的に重要なのは成長です。

 同社の昨年度の売上は174%増加しましたが、今年は第1四半期が149%、第2四半期が121%とやや伸びが鈍化しています。

 ほとんどの企業にとって121%は素晴らしい成長速度でしょうが、これを上回る速度で成長している企業がいくつかあります。

 ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(NASDAQ:ZM)エッツィ(NASDAQ:ETSY)リボンゴ・ヘルス(NASDAQ:LVGO)の直近四半期の売上は前年同期比で、それぞれ355%、137%、および125%増加しています。

 スノーフレークの売上の成長速度は緩やかになりつつありますが、この3銘柄とも事業は加速しつつあります。

 スノーフレークを勢いで上回る各社の内容をより詳しく見てみましょう。