※モトリーフール米国本社、2020年9月9日投稿記事より

 COVID-19の世界的流行の経済的影響は、2020年第2四半期の決算シーズンに入るウォールストリートを不安に陥れました。

 しかし、各社のパフォーマンスは、それほど悪くはありませんでした。

 RBCキャピタルマーケッツによると、第2四半期決算はアナリストの予想を大幅に上回りました。

 S&P500企業の83%がアナリスト予想を上回ったといわれています。

 これは、多くの企業にとってCOVID-19の影響がほとんどなくなっているということを示しています。

 テクノロジーセクターは、決算期の最大の勝者の1つです。

 また、ハイテク企業は5Gワイヤレスネットワーク、リモートワーキング、人工知能、データセンターなどのトレンドから恩恵を受けているので、好決算は当然のことです。

 実際、コルボ(NASDAQ:QRVO)マイクロン・テクノロジー(NASDAQ:MU)などのテクノロジー株も、好調なビジネス条件、5Gの展開、およびデータセンター機器への需要の高まりにより、今四半期の決算は良好でした。

 この2つのチップメーカーは、今後も好調な決算を維持できる可能性が高いといえます。

 その理由を見てみましょう。