NISA口座の非課税期間終了時の選択肢は2つ

 2014年からスタートした「一般NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」では非課税で運用できるのは、投資した年を含めて「最長5年」です。その間に受け取る株の配当や株式投資信託の普通分配金(※)に対して税金がかかりませんし、売却したときの譲渡益も非課税になるわけです。
※元本払戻金(特別分配金)はもともと課税されない

 では、非課税期間が終わるまでに株や投資信託などを売却しない場合、そのまま継続して保有することはできるのでしょうか。

 答えは、YESです。次の2つの選択肢があります。

1.新たに開始する一般NISA枠に資産を移す(ロールオーバー)
2.通常の課税口座(特定口座)に移管する(その前に売却もできる)

 1.ロールオーバーの手続きを行うと、あと5年、非課税で運用を行うことができます。

 例えば、2015年1~12月に100万円の枠内で株式や投資信託などに投資したとします。非課税期間は最長5年ですから、2019年末まで非課税で運用できます。そのあとも引き続き非課税で運用したいなら、翌年(2020年)から始まる新たな一般NISAの枠に保有する金融資産を移す(=ロールオーバーする)必要があります(下図参照)。

 例えば、楽天証券の場合、ログイン後に「NISA・つみたてNISA」>「年別保有商品」で、購入した年を選択すると保有商品を確認できます。例えば、2015年を選択すると、2015年に購入した商品がわかります。