facebook twitter
上がるも下がるも外国人次第の日本株。外国人は様子見?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

上がるも下がるも外国人次第の日本株。外国人は様子見?

2018/7/31
日経平均は、目先、上下とも大きくは動きにくい
アベノミクス開始後の外国人の売買
裁定買い残高は低下しつつある
facebook twitter メールで送る 印刷

日経平均は、目先、上下とも大きくは動きにくい

 この理由は、以下のように不透明要因が多いからです。

(1)貿易戦争の先行きが読めない
(2)中国景気がどうなるか?
(3)米利上げに株式市場がいつまで耐えられるか?
(4)日銀のETF(上場投資信託)年6兆円の買いがいつまで続けられるか?
(5)発表中の4-6月決算が良いのか悪いのか、まだ全体感がつかめない

 言い方を変えると、以下の通りです。

 外国人投資家は目先、日本株を積極的に売りも買いもしないと考えられます。したがって、日経平均にはトレンドが出にくくなります。日本株は「外国人が買えば上がり、売れば下がる」傾向が20年以上、続いているからです。

 

アベノミクス開始後の外国人の売買

 外国人は、買う時は上値を追って買い、売る時は下値を叩いて売る傾向があるので、短期的な日経平均の動きはほとんど外国人によって決まります。

日経平均と外国人の売買動向:2016年1月4日~2018年7月30日(外国人売買動向は7月20日まで)

注:東京証券取引所データより楽天証券経済研究所が作成。外国人の売買動向は、買い越しまたは売り越し額で、株式現物と日経平均先物の合計

 上のグラフを見れば明らかですが、外国人の売買に立ち向かう国内投資家は、短期的にはすべて失敗しています。2016年1~3月は、国内投資家がいくら買っても、外国人の強引な売りの前になすすべもなく、日経平均は急落しています。

 ところが、2016年10月には外国人の買いで日経平均は急騰。その後も 外国人次第の展開が続いています。

 今年の日経平均は、2~3月に外国人売りで急落しましたが、4月以降、外国人が買い始めると上昇を始めました。ただ、6~7月は外国人の売買に方向感がないため、日経平均も上下を繰り返しながら、トレンドが出にくくなっています。

 

裁定買い残高は低下しつつある

 短期的な相場動向を当てるには、外国人の売買動向をしっかり見ている必要があります。なかでも、動きの速いヘッジファンドの先物売買をしっかり見る必要があります。

 私がファンドマネージャー時代に、日経平均先物のトレーディングをする上で、重視していた需給指標に、「裁定買い残」があります。詳しい説明は割愛しますが、裁定買い残の変化に、外国人による投機的な先物買いの変化が表れます。

 外国人が先物を買うと、日経平均が上昇し、裁定買い残が増加。反対に、外国人が先物を売ると、日経平均が下落し、裁定買い残が減少します。

 近年の日経平均および裁定買い残は、以下のように推移しています。

日経平均と裁定買い残高の推移:2007年1月4日~2018年7月30日(裁定買い残は7月20日まで)

注:東京証券取引所データに基づき楽天証券経済研究所が作成

 裁定買い残は、アベノミクス開始後の2013~2015年は3.5兆~4兆円まで増加すると、減少に転じていました。日経平均は、裁定買い残が増加している間、つまり外国人が先物を買っている間は上昇します。ところが、裁定残が減少に転じる、つまり外国人が先物売りに転じると、下落に転じます。

 2013~2015年は、裁定買い残が3.5兆~4兆まで増加したところで日経平均先物を売れば、タイミングよく日経平均が下げに転じ、利益を得られる可能性が高かったと言えます。

 2018年1月に入ってすぐ裁定買い残は約3兆5,000億円まで増えましたが、その後、減少に転じています。外国人の先物売買が売り越しに転じたからです。裁定買い残は7月20日には1兆6,459億円まで減りました。買い残高の水準は低くなってきているので、ここからは、徐々に外国人の先物売りが出にくくなると考えられます。

 ただし、裁定買い残高がいくらまで膨らんだら、日経平均が天井をつけるか、いくらまで減ったら日経平均が大底をつけるかは、その時々によって変わります。一概に言えません。

 過去には、裁定買い残高が0.4兆まで減ったことも、6兆円まで膨らんだこともあります。つまり、裁定買い残高だけで相場の転換点を知ることはできません。裁定買い残高と、マーケットに出ている外国人情報を合わせて、判断していく必要があります。

 

 

▼著者おすすめのバックナンバー

7月30日:好悪材料「がっぷり四つ」、嵐の前の静けさ?

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:『働き方改革関連法』の内容は?

今日、あの日:山手線に冷房【48年前の7月31日】

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上がるも下がるも外国人次第の日本株。外国人は様子見?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上がるも下がるも外国人次第の日本株。外国人は様子見?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。