〔後編:下落相場に負けない個人投資家になるための8つの法則〕記事をよむ

インデックス投資ナイト2018

 去る2018年7月7日(土)、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーで「インデックス投資ナイト2018」が開催された。主にインデックス投資家が集まって、投資のあれこれについて、飲み食いしながら大いに語り合う集まりで、ざっと200席のチケットが今年も発売後数分の争奪戦の下で売り切れたという人気のイベントだ。

 ご縁があって、筆者は初回から登壇させてもらっているが、今年は、インデックス投資に詳しいFPのカン・チュンド氏の司会の下で、金融ジャーナリストの竹川美奈子さんとご一緒に「インデックス投資を継続するためのメンタリティ」というテーマの対談に参加した。

 ここのところ、内外の株式市場が軟調だ。iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)や一般NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」、つみたてNISAなどの新しい制度の影響もあり、最近になって投資を始めた人にとっては、はじめて経験する「下げ相場」かも知れない。今、投資を続ける上での心構えについて論じることは、大変いいタイミングであったと言えよう。

 さて、筆者は、もちろんこのテーマについて事前に考えていたし、自分ではいいことを言ったつもりなのだが、話し手も聞き手もかなりお酒の回っている最終盤のプログラムだったことでもあり、改めて、下落相場に直面した個人投資家が考えるべき事・実行すべき事を8カ条にまとめてみた。

 ところで、この対談のテーマは、投資を継続することがいいことであるとの前提で設定されたもののようにみえる。しかし、投資を続けることは、常に本当にいいことなのだろうか?

 読者は、投資を続ける方がいい理由を他人に説明できるだろうか。それとも、実は、投資を続けない方がいい場合もあるのだろうか。後者の場合があるとすれば、それは、どのような場合なのだろうか? 以下の8カ条を理解する上で効果的な問なので、ぜひ考えてみて欲しい。