facebook twitter
ボーナス投資の「死角」。高額デビューに注意!
山崎 俊輔
なんとなくから卒業!実践・資産形成術
誰にとっても重要で大切な「年金」と「老後資金準備」について、「漠然とした不安」から卒業しよう! これからの人生のマネープランを、主体的にかつ前向きに組み立てるためのヒントを、ファ…

ボーナス投資の「死角」。高額デビューに注意!

2018/6/21
・ボーナスで投資デビューを考える人にあえて「注意」!と言ってみよう
・ボーナスで投資デビューがなぜ危ういか
・それでもあえて「ボーナス投資」を提案するならこうしてみてはいかが
facebook twitter メールで送る 印刷

ボーナスで投資デビューを考える人にあえて「注意」!と言ってみよう

 この季節になると「ボーナス投資術」のようなコラムが雑誌やネットで踊ります。トウシルも例外ではありません。しかし、あえて「ボーナスで投資デビューは要注意」ということを本連載では書いてみたいと思います。というのも、「ボーナスでまとまったお金が手に入ったので、投資をしてみようか」という甘い考えは、市場のカモにされる心配が大きいからです。

「なんとなく投資」をするマインドを卒業してもらいたいという本連載のねらいとしても、いくつか注意喚起をしてみたいと思います。
 

ボーナスで投資デビューがなぜ危ういか

 ボーナスで投資デビューすることの危うさはおおむね3つあるように思います。

1.ボーナス入金のタイミングは投資を行う好機であるとする理由は何もない

 第1の理由は、そもそもボーナス時期が投資を行う好機であるとは限らない、ということです。7~8月ないし、12~1月にボーナスの入金をもって投資デビューをするとして、その時期のマーケットがあなたの投資期待に応えられる保証は何もありません。

短期的な下落を乗り越えて中長期的に上昇を待てるなら別ですが、投資デビューした人は25%のマイナスが短期的に生じたとき、おそらく回復を待てないと思います。

正直なところ、デビューのタイミングはいつでもいいのですが「ボーナスの時こそ投資デビュー」というのはタイミングが優れているという意味ではないわけです。

2.そもそもまとまった高額入金を投資デビューの理由とする必要がない

 ボーナス投資デビューのもう一つの注意点は「いきなり高額投資」になってしまうことです。毎月、つみたてNISAで給与の一部を振り向けた投資デビューの場合、月額数万円程度に収まります。iDeCoで投資デビューの場合も限度額の関係で月何万円も積み上げられません。しかしボーナス投資デビューの場合、「10万円からスタート」とか「30万円入れてみよう」のようにケタが大きくなります。そもそも投資デビューに金額要件はありません。投資信託であれば100円で国際分散投資も可能ですし、100円なら素人の判断ミスで大失敗してもまったく問題ない損失額になります。

しかし30万円を単一銘柄に振り向けて、大幅下落の対象となった場合、1カ月で9万円(30%下落の場合)の含み損になります。初心者ほど、自分の銘柄選定基準を高く評価しますが、実際にはそんなことはありません。裏目に出たときはより厳しい結果になってしまいます。

3.ボーナス入金とあなたの投資知識・経験にも関係はない

「ボーナスで投資デビュー」に価値があるとしたら、あなたの投資意欲を刺激する、という一点にあります。しかし、あなたの投資知識や投資経験が十分であるかにはまったく関係がありません。あなたがすでに何年か投資関連書籍を読みあさって、いつでも投資デビューできる段階であればこれは「まずは経験」とGOサインを押してもいいのですが、あなたがただボーナス支給時期であるから投資デビューというならやはりオススメできません。知識が追いついていないのにあわてて投資デビューしたがる人は、たいてい目の前の相場に踊らされています。これは要注意です。

投資については実経験によって得られる学びや気づきも多いので、デビューはより早く設定したいのですが、知識不足である人のデビューが歓迎されるわけではありません。
 

それでもあえて「ボーナス投資」を提案するならこうしてみてはいかが

 といっても、ボーナス投資が悪いばかりではありません。当人がやる気を出して証券口座にお金を振り込むということは、デビューにおいて重要なステップであるからです。ハードルを乗り越えるきっかけにボーナスが力となるのであれば、下記のようなポイントを注意のうえ、「ボーナス投資デビュー」としてみてはいかがでしょうか。

条件1:10万円以下で勝負をスタートする
金額を高額にしすぎるのが危ういのであれば、金額を一定程度に抑えることが投資デビューに向いていることになります。あまり高額での投資デビューではなく少額でのデビューを心がけます。いっそ数千円から数万円でもかまいません。

条件2:個別株1社か2社を選び、残額は投資信託かETFとする
投資デビューとしては個別株に目が向きますが、10万円の範囲で買える1~2社にしておき、残額で国内外に分散投資される投資信託やETF(上場投資信託)も同時に買ってみてください。値動きの違いを理解することになり、投資経験に厚みが出てきます。

条件3:できれば1回で買わず、もう一度か二度買う予算を残しておく
一度だけ注文をしてただ漫然と株価の上下動を眺めているだけ、というのはあまり面白くないものです。特に値下がり局面では面白さどころかがっかりしてしまいます。2回、あるいは3回に分けて注文をしてみるのも経験上は有意義です。できれば下がっているときに2回目の注文をしてみてください。

この条件、いってみれば、ボーナス投資デビューが好適とは限らない理由を逆手にとって「ボーナスであえてデビューするならこういうスタイルが考えられる」と切り返しているアイデアになります。

そろそろボーナス額がはっきりしてきて、入金を待つタイミングが近づいてきました。楽しみな人も多いと思います。投資デビューの典型としては「50万円で一勝負」のようなパターンかもしれませんが、あえて違った形で投資デビューしてみてください。


 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいボーナス投資の「死角」。高額デビューに注意!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ボーナス投資の「死角」。高額デビューに注意!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。