お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
急落後の日経平均。NYダウ反発で戻りを試す展開へ
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

急落後の日経平均。NYダウ反発で戻りを試す展開へ

2018/2/7
・NYダウ・日経平均とも暴落
・日経平均はこれからどう動く?鍵を握るのは、外国人投資家
・外国人投資家から見ると、日本株は「世界景気敏感株」
・NYダウが下げ止まれば、日経平均への外国人の売りも収まると考えられる
・目先は、2万1,610円を下値、2万3,000円を上値とするボックス推移か
facebook twitter 印刷する

NYダウ・日経平均とも暴落

 2月6日の日経平均株価は、1,071円安の2万1,610円となりました。一時、1,603円安の2万1,078円まで下がりましたが、大引けにかけて、下げ幅を縮小しました。日足(1日の値動き)を見ると、長い下ひげ【注】が出ています。

【注】長い下ひげ:日足の下についている線:最安値2万1,078円よりも終値2万1,610円が532円も高いために、下についている線が長くなっている。長い下ひげは、テクニカル分析で、大底圏で出ることが多い。下のグラフをご参照ください。

 日本の景気・企業業績が好調で、日経平均がPER(株価収益率)、配当利回りなどの株価指標で見て割安であることも勘案すると、2万1,078円が今回の急落の大底となる可能性が高いと考えます。

<日経平均日足:2017年10月2日~2018年2月6日>

 

 

日経平均はこれからどう動く?鍵を握るのは、外国人投資家

 株は、短期は需給、長期はファンダメンタル(景気・企業業績)で動きます。言い換えれば、短期は、ファンダメンタルを無視して、需給主導で動くということです。

 今回の乱暴な売り方は、明らかに外国人投資家です。「景気・企業業績が好調なとき、日経平均が急落するのはおかしい」といくら言ってみても、外国人投資家が問答無用の売りを浴びせてくる間は、日経平均は下げます。

 本コラムで何度も指摘している通り、日本株の値動きを支配しているのは、外国人です。外国人が「なぜ売っているのか?」「いつ買いに転換するか?」考えることが、今後の日経平均の動きを考える上で重要です。

 

外国人投資家から見ると、日本株は「世界景気敏感株」

 グローバル運用を行う外国人投資家は、世界景気、あるいは、世界の株式市場に、何らかの異変が起こる気配を感じると、まず日本株のウエイト(組入比率)を引き下げる傾向があります。

 今回、米国の長期金利上昇をきっかけに、世界的な株高が株安に転換するかもしれない不安が生じました。不安に反応して、外国人投資家は、まず日経平均先物を大量に売ってきたと、推定されます。

 海外ヘッジファンドは、世界中のあらゆる不安に反応して、日本株を売り、「円」を買う傾向があります。世界的な株安局面では、「円高・株安」で日経平均の下げが大きくなります。

 逆に、世界景気が好調で、グローバルマネーがリスクを取りに行くとき、海外ヘッジファンドは、日本株を買い、「円」を売ります。「円安株高」で、日経平均の上昇率は高くなります。

 日経平均先物は、このように、グローバル・ポートフォリオのリスク調整に使われる傾向があります。その結果、日経平均は、以下の通り、NYダウよりも、ボラティリティ(変動性)が大きくなります。

<日経平均とNYダウの値動き比較:2012年末~2018年2月6日>

出所:2012年末の値を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成

 上記のグラフは、アベノミクスがスタートした2013年以降の、日経平均とNYダウの値動きを比較したものです。

 ご覧いただくとわかる通り、トータルでは、日経平均のほうが大きく上昇しています。ただし、下落局面(青い四角で囲み、青い矢印で示した部分)だけ見ると、NYダウより、日経平均の方が、下落率が高いことがわかります。

 たとえば、2013年5月の下げ局面(グラフで一番左側にある青い矢印の下)を見てください。このときの世界株安は、バーナンキショックと呼ばれています。当時FRB(米連邦準備制度理事会)議長だったバーナンキ氏が、「将来、金融緩和の縮小が必要になる」と発言しただけで、世界中の株が急落しました。このとき、NYダウの下落率はさほど大きくなかったにもかかわらず、日経平均は、高値から安値まで20%以上下げました。このときの悪材料は、世界中見渡しても「バーナンキ発言」以外は特にありません。それでも、日経平均は、震源地のNYダウよりも、大きく下がったのでした。

 今回も、米国の不安によって、日経平均が一時的に過剰に売られた可能性もあります。

 

NYダウが下げ止まれば、日経平均への外国人の売りも収まると考えられる

 今回の急落の震源地は、米国株です。米長期金利上昇で、適温相場が崩れる懸念が、NYダウの急落につながりました。

 今のところ、日本の景気が好調という状況に変わりはなく、発表中の10~12月決算も好調であることを考えると、NYダウが下げ止まれば、日経平均はもう一度、上値トライする可能性もあります。

 6日のNYダウは567ドル高の2万4,912ドルと、反発しました。今日の日経平均は、急反発が予想されます。

 

目先は、2万1,610円を下値、2万3,000円を上値とするボックス推移か

 日経平均は、企業業績が好調な中かなり乱暴な売りで急落したので、今日は大きく反発する見込みです。ただし、2万2,000円を超え、2万3,000円が近づくと、戻り売りが増える可能性もあります。日経平均は、目先、2万1,610円を下値、2万3,000円を上値とするボックスで推移すると考えられます。

 最終的に、日経平均が再度、上値をトライできるか否かは、需給だけではなく、ファンダメンタルで決まります。今、発表になっている10~12月決算は好調です。決算については後日報告します。 

 

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

2月5日:過剰流動性相場「終わりの始まり」。日経平均の下値リスク強まる
2月4日:ビットコインに続きNYダウも急落。過剰流動性相場「終わりの始まり」?
1月31日:日経平均・NYダウに高値警戒感。東証REIT指数インデックスファンドを見直し
 

他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:野菜高騰などに影響する今冬の強い『寒気』

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください急落後の日経平均。NYダウ反発で戻りを試す展開へ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

急落後の日経平均。NYダウ反発で戻りを試す展開へ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。