※モトリーフール米国本社、2021年1月28日投稿記事より

 レジェンド投資家ウォーレン・バフェット氏がCEO(最高経営責任者)を務めるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)は1965年から2019年までの55年間、平均で年20.3%のリターンを上げています。

 合計リターンはなんと2,744,062%で、1964年末に100ドルを投資していれば2019年末に数百万ドルになっていた計算になります。

 割安かつ永続的な競争力を持つ会社を見つけることに定評のある“オマハの賢人”ことバフェット氏が売り買いをすれば、ウォール街も個人投資家も大いに注目します。

 そのバフェット氏、そしてバークシャーで参謀を務めるトッド・コームズ、テッド・ウェシュラーの両氏が2021年に買う可能性のある4銘柄を、以下に挙げます。