投資小説:もう投資なんてしない⇒

第3章 バブル崩壊は、投資タイミングのヒントになるか?

<第1話>長期で見れば株価が上がる。本当か?

 金曜日の夕方、隆一はいつものように営業日報を書いていた。
 するとまたしても先輩の高田が「おい、木村、今日は飲みに行けるだろう」と誘ってきた。
「き、木村さん、ちょっと今日は取引先の新任課長の歓迎会をしようということになっていて」
「そうか、それなら仕方ないな。よろしく頼むわ」

 隆一はこういう言い訳を毎週しなければいけないと考えると気が重くなったが、「ま、いけるところまでいってみよう」と思い、会社を出た。

 いつものように新橋駅で降り、飲み屋街を抜けて先生のいる日比谷神社を目指す。ドアをノックすると先生が迎えてくれた。

「今日で3週目ですね。時間通りに来て、立派」と先生は言って、いつものようにコーヒーをいれてくれた。今日はマイセンのカップ。<高級なやつだ>と隆一は掲げて眺めた。

「さて、先週の資本主義の話は、奥さんにしましたか?」
「先生、聞いてくださいよ。先週の金曜、帰宅したらまだ妻が起きていたので、『今日は資本主義の話を聞いてきたよ』と言ったら、『え、シフォンケーキ、買ってきてくれたの?』と、かえってきましてね」

先生はコーヒーを吹き出しそうになりながら、
「うちはケーキの用意まではできてなくてね。すみません」と愉快そうに答えた。

「ところで、先生。前回のお話で、資本主義というのは人間の欲望をエンジンとしながら成長をしていく。だから、米国株は200年で1ドルが60万ドルになった。ここを理解することが最終的に長期投資で成功する秘訣だ、ということはわかりました」

 先生は、今まで聞いた知識を結びつけて説明をしようとする隆一に成長を感じた。

「ただ、まだ腹落ちしきれていないのが、どうして株式というのはそれほど長期で値上がりをしていくかというところです」と隆一が尋ねた。

「そうですね、そこは誰もが思う疑問です。では、今日は次のトピックに入る前に株式会社について説明します。池上彰なみにわかりやすくがんばってみましょうか」
「先生、自分でハードル上げていいんですか」と隆一は茶化したが、先生は気にせず、そして隣の部屋からホワイトボードを出して、話し始めた。