お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第2回 30年で14万円の差!?iDeCoのコストは金融機関によって違う!
篠田 尚子
特集記事

第2回 30年で14万円の差!?iDeCoのコストは金融機関によって違う!

2017/8/30
iDeCoをはじめたい!と思ったときに、決めなければいけないのが「金融機関」。証券会社なのか、銀行なのか。選ぶときの大きなポイントになるのが、コスト。実は、iDeCoでかかるコストは、金融機関によって「30年間で約14万円の差」が生まれるケースも。iDeCoをはじめるときの金融機関選びの大きなポイントです。
facebook twitter 印刷する

金融機関によって異なる運営管理手数料。金融機関によっては、条件なしで誰でもずっと0円!

iDeCoは、加入時、加入中、給付を受ける際など、さまざまな場面で手数料がかかります。この手数料は、iDeCoのサービスを提供する金融機関(運営管理機関)が独自に設定できる部分と、どの金融機関を選んでも確実にかかってしまう部分に分けることができます。

確実にかかる部分で言うと、加入初年度は、2,777円の加入時手数料と、年間1,236円の国民年金基金連合会向け手数料、さらに年間768円の事務委託先金融機関向け手数料が、どの金融機関で加入しても確実にかかります。これらを合計すると4,781円になります。

一方、金融機関によって異なるのが「運営管理手数料」です。この部分は、iDeCoのコストの中でも自分でコントロールできる部分。運営管理手数料は、iDeCoの年金残高によって手数料額が変わることが多いのですが、金融機関によっては「条件なしで誰でもずっと0円」という金融機関もあります。

iDeCoは20年、30年と長期で付き合うことになるものなので、定期的にかかるコストは、なるべく安く抑えることに越したことはりません。
たとえば、メガバンクの中には運営管理手数料を「月378円」としているケースもあります。仮に30年間、毎月378円の手数料を払うと、トータルで13万6,080円(378円×12カ月×30年)。

手数料0円の金融機関と比べると、この運営管理手数料だけで「約14万円の差」が生まれます。運営管理手数料は、iDeCoをはじめるときの金融機関選びの大きなポイントとなるはずです。

 

まとめ

  • iDeCoのコストのうち「運営管理手数料」は金融機関ごとに違う。
  • iDeCoは長期投資が基本。コストはなるべく安く抑えるべき。
  • 運営管理手数料は「条件なしで誰でもずっと0円!」という金融機関もあり。
※国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する管理手数料等が別途発生します
 

>>次回

第3回 定期預金でも節税できる!iDeCoで何を買えばいいの?

<<前回

 第1回 節税界で話題沸騰!最近話題のiDeCoって?

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第2回 30年で14万円の差!?iDeCoのコストは金融機関によって違う!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第2回 30年で14万円の差!?iDeCoのコストは金融機関によって違う!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。