facebook twitter
最善シナリオと最悪シナリオ:今後の日経平均
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

最善シナリオと最悪シナリオ:今後の日経平均

2018/2/20
・今後の日経平均、ざっくりしたイメージ
・日経平均目先の上値は、2万2,500~2万3,000円と予想
・次の波乱材料は、3月のFOMC
・今後考えられる最善シナリオと最悪シナリオ
facebook twitter メールで送る 印刷

今後の日経平均、ざっくりしたイメージ

 2月初旬から急落したNYダウ・日経平均株価とも、足元、急反発しています。私は、今後、日経平均は大きな三角もちあいを形成するイメージを持っています。
 2月8日の「戻りを試す局面が近づいている可能性も。急落後の日経平均」に掲載した今後の日経平均イメージ図を、以下に再掲します(日経平均の実際の動きを2月19日まで記入)。

再掲:今後の日経平均イメージ

出所:筆者作成、あくまでも筆者のイメージで実際の値動きと異なる結果となることもあります


  年央には、日経平均は、三角もちあいを上放れる、または、下放れると考えています。今はまだ上下に放れるには、材料不足です。今後の、日米の景気、企業業績、金利、為替の動きを見極めつつ、最終的に、どちらに放れるか決まります。

日経平均目先の上値は、2万2,500~2万3,000円と予想

 急反発している日経平均ですが、円高・米金利上昇といった不安材料がまだ払拭されたわけではないので、このまま一本調子で上昇し続けるのは難しいと思います。2万3,000円に重要な節目(上値抵抗線)があるので、今の反発は、最大でも2万2,500円~2万3,000円までと考えています。
 当面は、上のグラフに描いた三角もちあいの範囲で動くと予想しています。

次の波乱材料は、3月のFOMC

 次の注目イベントは、3月20日(火)~21日(水・日本は祝日)に実施される米国の金融政策決定会合であるFOMC(連邦公開市場委員会)です。結果が、21日(日本時間では22日早朝)に発表されます。米景気が好調で、米国のインフレ率が高まってきている(1月の平均賃金上昇率前年比2.9%)ことから、米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)が、さらなる0.25%の利上げを行うことが、確実と考えられています。
 予想通り、0.25%の利上げが実施された場合、市場の反応として、以下2通りが考えられます。

(1)金利上昇があってもNYダウは堅調。日米金利差の拡大が続くことを受け、ドル高(円安)が進み、日本株が一段高

(2)金利上昇が続くことを嫌気して、NYダウが再び急落。リスクオフの円高が進み、日本株が急落

 市場の反応を決めるのは、利上げの有無より、今後の利上げピッチに関するメッセージになると思います。FOMC声明文やパウエル議長の発言のトーンが、タカ派(利上げに積極的)か、ハト派(利上げに消極的)か?それが、市場の反応に影響すると思われます。
 万一、利上げが実施されないと、それは、市場にとって大きなサプライズ(驚き)です。その場合、さらなる円高が進む可能性があります。現時点では、利上げは実施されるものと考えています。

今後考えられる最善シナリオと最悪シナリオ

 株は、短期的には需給で、長期的にはファンダメンタルズ(景気・企業業績)で動きます。最終的には、ファンダメンタルズによって、株価の方向性が決まります。今考えられる最善シナリオと、最悪シナリオは、以下の通りです。

(1)最善シナリオ

 今年、米FRBは、3回利上げを実施する。米長期金利は、3%台に上昇する。それでも、世界的な株高基調は崩れない。米景気・企業業績が好調であることを受け、NYダウの高値更新が続く。
 日米金利差拡大を受け、1ドル110~115円へ円安進む。日本の景気・企業業績の拡大が加速し、日経平均は2万6,000円を超えていく。

(2)最悪シナリオ

 米FRBが利上げを続け、米長期金利が3%台に上昇すると、NYダウは、金利上昇を嫌気して再び急落する。為替市場では、リスクオフの円高が進む。過熱している米景気に、先行き減速の懸念が出る。中国景気も失速へ。好調な米中景気に支えられていた日本の景気もピークアウトが見えてくる。
 世界的に株が下がり、円高が進む中で、日経平均は2万円を割れていく。

 最善シナリオも最悪シナリオも、楽観・悲観が行き過ぎと考えています。実際に起こるのは、その中間と考えます。
 私の予想通りならば、今後、数カ月、日経平均は三角もちあいの範囲で推移します。その間、日本・米国・中国の景気・企業業績・金利・為替を見ながら、最善・最悪どちらのシナリオが現実に近くなっていくか考えます。

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

2月13日:日経平均のトレード戦略 リバウンド狙いで買い増しも
2月8日:戻りを試す局面が近づいている可能性も。急落後の日経平均
 

他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:相場変動のシグナルの一つ、『VIX指数』とは?

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください最善シナリオと最悪シナリオ:今後の日経平均

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

最善シナリオと最悪シナリオ:今後の日経平均

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。