お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
政策金利発表ラッシュ!今週の経済指標を見逃すな!!
デイリー為替情報
当情報では、ブレークアウトシグナル、パワーインジケーターなどトレードに役立つ指標を駆使して、各国の通貨の動向やトレンドの動向をお客様に配信しています。各通貨の動きに注目することで…

政策金利発表ラッシュ!今週の経済指標を見逃すな!!

2017/12/12
facebook twitter

 今週は、FRB(米連邦準備制度理事会)、SNB(スイス国立銀行)、BOE(英国中央銀行)、ECB(欧州中央銀行)、新興国ではトルコとメキシコが政策金利を発表します。米国の利上げは、ほぼ確実。スイス、英国、欧州は据え置きの予想となっています。トルコは据え置き、メキシコは利上げ方針。

 政策会合の前には、英国、ドイツ、米国の消費者物価指数が発表されますので、こちらも注目です。また金曜日には日銀短観が発表されます。

 2018年の米利上げは3回、とマーケットは考えていますが、FOMC(米連邦公開市場委員会)のメンバーがトランプ減税効果を評価して経済見通しを上昇修正するならば、4回の利上げも期待できそうです。

 10月に量的緩和縮小を決定したECBは、政策に変更なし。来年も緩和スタンスを継続すると見られています。焦点は、ECBスタッフが発表する2020年までの経済見通しで、ECBの利上げ時期を考えるうえでも重要な資料となります。ECBの最初の利上げは2019年下半期になるとの予想です。

 スイスではインフレ率が上昇していることから、1年後には利上げとの観測が出てきました。経済的な結びつきの強い欧州のECBの動向をうかがいながらではありますが、ECBが予定通り緩和縮小を9月に完了したならば、次はSNBの出番になるでしょう。

 BOEが今後利上げするかどうかは、ブレグジット交渉次第です。交渉の第2フェーズの進捗次第では、英国経済の明るさが増し、利上げの余地が広がります。ただポンド高の条件としては、BOE利上げだけでは不十分です。ドルやユーロと事情が異なるところです。

経済指標過去データはこちらをチェック!

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

人気記事ランキングTOP
iDeCo って何だ
はじめよう株主優待
トウシル TOP
 
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください政策金利発表ラッシュ!今週の経済指標を見逃すな!!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

政策金利発表ラッシュ!今週の経済指標を見逃すな!!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 


 


 
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×

トウシル メールマガジン および SNSについて

メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。

メールマガジン サンプル

メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。