お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
米ドル/円、日銀の金融政策現状維持を受け上値重く推移
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

米ドル/円、日銀の金融政策現状維持を受け上値重く推移

2015/3/18
東京市場では、日銀が金融政策決定会合でマネタリーベースの年間増加目標を約80兆円に据え置くことを発表すると、米ドル/円は121.45円レベルから一時121.30円レベルまで下落しました。
facebook twitter 印刷する

昨日(2015年3月17日)の動向

東京市場では、日銀が金融政策決定会合でマネタリーベースの年間増加目標を約80兆円に据え置くことを発表すると、米ドル/円は121.45円レベルから一時121.30円レベルまで下落しました。海外市場では、この日発表された2月の米住宅着工件数が弱い結果となったことを受け、米ドル/円は121.10円レベルまで下げる場面もあったが反発。その後は18日のFOMCの結果公表を控えて神経質な展開となり、121円前半から半ばレベルでもみ合う動きとなりました。

2015年3月17日のBID値 始値 高値 安値 終値
米ドル/円 121.363 121.515 121.065 121.368
ユーロ/円 128.281 129.155 128.082 128.581
豪ドル/円 92.756 92.997 92.256 92.435

米ドル/円 1時間チャート

米ドル/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

本日(2015年3月18日)の展望

【米ドル/円】

本日海外市場で予定されているFOMCの結果公表によって、大きく動きが出る可能性があります。利上げに迫る材料があれば、122円ちょうどに乗せる可能性が出てきそうです。一方下値では、節目の121円レベルが引き続きサポートとして機能するかに注目です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
米ドル/円 122.00 122.45 121.00 120.60

米ドル/円 5分足チャート

米ドル/円 5分足チャート

【ユーロ/円】

上値は129円台にしっかり乗せきる事ができるかが焦点となりそうです。下値では節目の128円でサポートされなければ、127.15円レベルが次のサポートとなりそうです。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
ユーロ/円 129.15 130.00 128.00 127.15

ユーロ/円 5分足チャート

ユーロ/円 5分足チャート

【豪ドル/円】

上値は節目の93円を上抜けるかが焦点となりそうです。一方下値では92円でサポートされるかに注目が集まっています。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
豪ドル/円 93.00 94.00 92.00 91.55

豪ドル/円 5分足チャート

豪ドル/円 5分足チャート

  • 上記各5分足チャートは、当日 2015年3月18日 現在のものです。
  • コメント欄の語句について R=上値抵抗線 S=下値支持線

本日(2015年3月18日)の主な指標

注目度 発表時間 指標 予想 前回
★★ 18:30 (英) 2月失業保険申請件数 -3.00万件 -3.86万件
★★ 18:30 (英) 2月失業率 2.4% 2.5%
★★★ 18:30 (英) 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
★★ 19:00 (欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
★★ 3:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表 0-0.25% 0-0.25%
★★ 3:30 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
  • 発表時間はいずれも東京時間
  • 注目度は★低~★★★高で示します

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米ドル/円、日銀の金融政策現状維持を受け上値重く推移

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米ドル/円、日銀の金融政策現状維持を受け上値重く推移

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。