「資産形成を始めたいけど何をしたら良いかわからない」という質問を読者の方からよく受けます。そういった投資初心者の方のために、資産形成のイロハを解説しています(木曜日掲載)。今日は、第6回「利回りに強くなる」です。債券投資の基礎を解説します。

 資産形成で長期的に高いリターンが期待できるのは、株式投資です。ただし、株価は短期的に乱高下するので、短期的には大きくマイナスになることがあります。株式だけでなく債券にも投資した方が、リターンが安定します。ただし、債券投資にも特有のリスクがあります。それを理解して、適切にリスクを管理する必要があります。

第1回~第5回の概要

 まず、これまで解説したことを簡単におさらいします。

【1】まず家計のバランスシートを作る

 投資を始める前にまず家計のバランスシートを作りましょう。保有している全ての金融資産(現預金を含む)と金融負債の残高(時価ベース)を書き出しましょう。投資を始めたら、毎年少なくとも1回は、バランスシートを作って、金融資産・負債の変化を見ましょう。
 ダイエットするなら、体重を測り、定期的にその変化を見ていくでしょう。それと同じことです。資産形成をするなら、自分の金融資産・負債の残高と変化は定期的にきちんと計測する習慣をつけましょう。

【2】アセット・アロケーションを決める

 投資成果のほとんどはアセット・アロケーション(資産配分)で決まります。投資を始める前に、まずアセット・アロケーションを決めましょう。
 参考になる、日本最大の年金基金GPIFの基本ポートフォリオは、以下の通り。
国内株式25%、外国株式25%、外国債券25%、国内債券25%

【3】リスク資産と安全資産の比率を決める

 アセット・アロケーションで一番大切なのは、リスク資産(国内株式+外国株式+外国債券)と安全資産(国内債券:銀行預金+個人向け国債)の比率決定です。近い将来使う予定のお金、急な出費に備える予備のお金は、安全資産に入れましょう。リスク資産への投資は、景気1サイクル(4~5年)以上投資しておける余裕資金で行いましょう。

【4】日本株の選び方、初心者は投資信託から

 日本株に投資したくても投資するためにいろいろ調べたり勉強したりする時間の無い人は、投資信託で、日経平均やTOPIXに連動することを目指すインデックスファンドから投資したら良いでしょう。個別株投資にトライするならば、自分の目で選別しましょう。投資候補企業のHPでIR資料を読むことと株価チャートを見ることは必須。

【5】国内REITに少し投資

 国内REIT(リート:上場不動産投資信託)に一定比率投資することは長期的なリターンを安定させる効果があります。ただし、REITは、株が暴落する時に株と同じように下落することがあるので、安全資産の代替にはなりません。

 詳細は、以下よりお読みいただくことが、できます。

2022年9月29日資産形成のイロハ 【1】まず家計のバランスシートを作る
2022年10月6日資産形成のイロハ 【2】アセット・アロケーションを決める
2022年10月13日資産形成のイロハ 【3】ポートフォリオの組み方
2022年10月20日資産形成のイロハ【4】日本株の選び方:投信・個別株、どっちが良い?
2022年10月27日資産形成のイロハ 【5】J-REIT(リート)に投資した方が良い?