タケル ボクは26歳の営業マン。会社を作って、尊敬するジェフ・ベゾスみたいな大富豪になりたい! どんな会社が稼げそうかウオッチする目的と、起業資金を増やすために株式投資をはじめて3年。だけど今、持っている株式のほとんどが売り時を逃して、下がりっぱなし。伸びそうなR株を見つけたのに、資金があと少し足りない……。

――こんな悩みを抱えたタケルは、信用取引を指南するというドーシタ師範に誘われ、「信用取引はじめて道場」に通うことになった。

≫≫信用取引はじめて道場[1の巻]へ

信用取引には向いている取引と、向いていない取引がある

タケル 早速ですが、ドーシタ師範。ボクはいまR株が欲しい。だけど投資資金が足りないから、これを信用取引で手に入れたい。まだ誰も目をつけていないし、じっくり大きくなるまで持って、テンバガー(10倍株)を目指す!

ドーシタ師範 ……信用取引はしないほうがいいぞ。

タケル え? 信用取引の機能のレバレッジ(◆最後のページで解説)を使って、資金の3倍くらいまで取引はできますよね。出たばかりのボーナス30万円しかないボクでも、いま40万円のR株は余裕で買えるはず。