本日は、「クイズで学ぶテクニカル指標(7):売りはむずかしい?」をお届けします。

(1)まず、クイズです。

 以下B社チャートは、売り・買い、どっち?

(注:筆者作成)

 B社は、安値圏で出来高がどんどん増えています。出来高は人気のバロメーターといえます。出来高増加から、B社に何か買い材料が出ていて、B社株の人気が高まってきていると考えられます。株価は上昇を始めていますが、まだ安値圏から大きくは上昇しません。

 これから、上昇が加速すると予想されます。このチャートの投資判断は「買い」です。

 チャートのシグナルは、昨日のレポートに書いた通り、100%当たるものではありません。7割の確率で当たるならば、立派な売買シグナルですが、それでも3割の確率で外れることを理解する必要があります。

 ところで、先日、私は読者の方から、以下の質問を受けました。「買いシグナルの見方は、ある程度わかるのですが、売りシグナルの見方がよくわかりません。売りシグナルの見方を教えてください。」

 この質問にお答えするために、まず、以下のクイズをやってみてください。