11年前の今日…

2007(平成19)年8月16日

猛暑になると株価も上昇?74年ぶり最高気温更新

気象予報用語では、最高気温が25度以上の日を夏日、30度以上を真夏日、35度以上を猛暑日という

 今年の夏もかなりの猛暑ですが、今から11年前も同様に猛暑が日本列島を見舞いました。この年の8月16日、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で、最高気温が40.9度に上昇し、1933年7月25日に山形市で記録した40.8度の日本最高を更新しました。

 夏場の暑さは当たり前とはいえ、40度を超えると大ニュースになります。今では熊谷市や多治見市では、前日に猛暑の天気予報が出ると、テレビ番組のスタッフが朝から待機し、市民もその様子を見守っています。

 株式市場では、気温の上昇とともにビール会社や飲料会社の株式が猛暑関連銘柄として注目されます。冷夏は消費の落ち込みにつながるため、歓迎されません。

 今年7月23日には熊谷市で41.1度と、さらに記録が塗り替えられました。ちなみに最低気温では、新潟県糸魚川市で1990年8月22日に記録した30.8度が最高です。1日のうち最も「涼しい」時でも30度以上と、かなりの酷暑だったようです。

 

2007年8月16日の日経平均株価終値は

16,148円49銭

算出開始後「8月16日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:24回

値下がり:28回